コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮がん しきゅうがんuterine cancer

知恵蔵の解説

子宮がん

大きく子宮頸部の頸がんと子宮体部の体がんに分けられ、両者は発生要因の上でも、治療の点でも異なっている。子宮頸がんは著しく減少しつつあるが、子宮体がんは増加傾向にある。頸がんと体がんでは診断方法、治療方法が異なる。頸がんの原因としてヒトパピローマウイルス(HPV)が挙げられている。一方、体がんのリスク因子として女性ホルモン(エストロゲン)がある。頸がんは集団検診などで早期に発見されることが多いが、体がんは発見されにくい。自覚的には、頸がんの場合は性交時の接触出血、体がんの場合は閉経後の不正出血がある。治療は子宮摘出術が基本。さらに進行していれば、放射線、化学療法が行われる。5年生存率は約70%.

(黒木登志夫 岐阜大学学長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

家庭医学館の解説

しきゅうがん【子宮がん Uterine Cancer】

◎発生部位により2つに分類
 一般に、子宮がんといわれるがんは、発生する場所によって2種類に分けられます。図「子宮がんの発生部位」に示したように、子宮頸部に発生するがんを子宮頸(しきゅうけい)がん、子宮体部に発生するがんを子宮体(しきゅうたい)がんといいます。日本人の子宮がんのうち、80~90%が子宮頸がんです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

食の医学館の解説

しきゅうがん【子宮がん】

《どんな病気か?》


 子宮(しきゅう)がんのうち、子宮の入り口付近で発生するのが子宮頸(しきゅうけい)がんです。若い女性でもみられるのが特徴で、出産年齢が若く、出産回数の多い人、性交渉の相手が多い人などに、高率で発生するといわれています。
 一方、子宮体(しきゅうたい)がんは子宮の内部(体部)に発生するもので、その要因は、閉経後の50~60歳代に発生する人が多いことから、女性ホルモンが影響していると考えられています。高齢出産、妊娠・出産の有無、月経不順(げっけいふじゅん)、卵胞(らんぽう)ホルモン投与の有無などが、リスクファクターといえます。
 いずれも初期症状はほとんどなく、進行すると不正出血(ふせいしゅっけつ)や悪臭をともなうおりものがみられるようになります。定期的に健診を受け、早期発見・早期治療がたいせつです。

《関連する食品》


○栄養成分としての働きから
 米国がん協会の発表では、子宮頸がんはカロテンやビタミンCの不足が原因にあげられています。ニンジンやピーマンなどの緑黄色野菜、パパイアやイチゴなどを積極的に摂取しましょう。
〈女性特有のがんにはDHA。子宮体がんは脂質をひかえる〉
 また、子宮体がんは、欧米の女性に多くみられるがんでしたが、近年は日本人女性でも増加がみられることから、食生活の欧米化が原因ではないかと考えられています。動物性脂質をひかえ、ビタミンやミネラルを多く摂取しましょう。
 そして、女性特有のがんを防ぐ効果があるといわれているのがDHAです。サバやサンマ、イワシなどで、たっぷりと摂取しましょう。

出典 小学館食の医学館について 情報

子宮がんの関連キーワード子宮後傾後屈症(子宮後転症/子宮後屈)子宮内膜増殖症/子宮内膜異型増殖症リンパ浮腫/リンパ管炎/リンパ節炎腟カンジダ症(カンジダ腟炎)おりものの異常や腟炎、感染症老人性腟炎(萎縮性腟炎)帯下(こしけ/おりもの)不感症(オーガズム不全)多発性筋炎/皮膚筋炎膀胱腟瘻/尿管腟瘻がんを見つける検査がんの放射線療法子宮頸部異形成子宮がん検診包茎の問題点がんの死亡率朱雀 さぎり不正性器出血がんの治療法日帰り手術

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子宮がんの関連情報