コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守田勘弥 もりたかんや

大辞林 第三版の解説

もりたかんや【守田勘弥】

〔もと「森田」。「守田」は一一世から〕
(一二世)(1846~1897) 明治時代の歌舞伎興行者。作者名、古河新水。守田座を新富町に移し新富座と改め、各種の演劇改革に着手し、歌舞伎の地位向上に努めた。
(一三世)(1885~1932) 大正・昭和初期の歌舞伎俳優。一二世の三男。和事を得意とした。また、新作・翻訳などにも意欲を見せ、1914年(大正3)文芸座を創立、新しい演劇運動を展開した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

守田勘弥の関連キーワード大槻如電(おおつきじょでん)坂東 弥五郎(2代目)守田 勘弥(14代目)守田 勘弥(13代目)坂東 玉三郎(3代目)坂東 田門(3代目)坂東三津五郎(7代)坂東三津五郎(7世)水谷八重子(初代)守田勘弥(13世)守田勘弥(14代)守田勘弥(14世)守田勘弥(13代)水谷八重子(2代)坂東玉三郎(3世)坂東玉三郎(5代)坂東玉三郎(4代)坂東玉三郎(3代)生きてゐる小平次坂東簑助(5代)