コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守護領 しゅごりょう

2件 の用語解説(守護領の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅごりょう【守護領】

鎌倉・南北朝・室町時代の守護の直轄所領・所職。鎌倉時代のものとしては1235年(嘉禎1)に幕府が認めた安芸守護藤原親実の例が著名である。それは国府ならびに同近辺の郡地頭職,在庁兄部(このこうべ)職(国衙在庁官人の支配・指揮権をもつ),祇園神人兄部職(交通・商業活動を行う祇園社神人の支配権をもつ),国内に広く分布する久武名(有勢な国衙在庁の仮名)などから成っており,これらは前守護武田信光さらに宗孝親の体制を継承したものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

守護領
しゅごりょう

鎌倉から室町時代の守護の所領や所職。守護職は吏務職(りむしき)であってそれに付随した所領は原則としては存在しない。しかし任国内には本領のほかに地頭職や在国司職・在庁兄部(このこうべ)職など国衙(こくが)関係所職を与えられており、その経済的基盤は卓越していた。残存する大田文(おおたぶみ)によると、鎌倉時代では総体としての守護領は一国総田数の30%以上にも達している。室町幕府下の守護は、大田文の掌握など国衙機能を吸収包摂しつつ、半済預置(はんぜいあずけおき)権や段銭(たんせん)徴収権などを与えられており、広い意味での守護領はさらに拡大している。とくに一国内の半分以上を占める国衙領への半済預置権獲得の意味は大きい。15世紀になると、東国や九州の国衙領は守護職に属するという体制が実現される(守護領国制)。また王朝勢力下にあった他地域の国衙領も、その多くは守護請化されていった。こうして事実上守護領化した国衙領の多くは任国内の国人(こくじん)層へ給地として宛行(あてが)われ、彼らの守護被官化の媒介物となった。[田沼 睦]
『石井進著『日本中世国家史の研究』(1970・岩波書店) ▽岸田裕之著『大名領国の構成的展開』(1983・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の守護領の言及

【国衙領】より

…郷とならぶ独立の公領行政単位となった別名・別保は,開発による領主制支配を内包し,国衙に直結する収納形態をもつ特権的直領であるが,その中心部分をなす在庁官人の別名(在庁名)は,他名に優越した規模を有し,国府所在の郡に集中する一方で,諸郡にも分布して,国衙領支配の基幹となっていた。このような国衙直領は,やがて鎌倉幕府の守護領の中核としてうけつがれ,他方国衙領の郡・郷にも地頭が設置されて,国衙領全体に幕府の支配権が及ぶようになる。中世後期に至っても国衙領支配はなお存続した。…

※「守護領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

守護領の関連キーワード斯波義種守護大名市河頼房儀俄氏秀土岐頼忠長瀬泰貞仁木義員細川満之三浦高連遊佐国長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone