コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安積疎水 あさかそすい

3件 の用語解説(安積疎水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安積疎水
あさかそすい

猪苗代湖の水を阿武隈川に導く灌漑用水路。福島県郡山盆地一帯を潤す。旧安積疎水は 1881年三島通庸によって開削され,士族授産がはかられた。 1951年同盆地南部を灌漑する新安積疎水が完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさか‐そすい【安積疎水】

福島県、郡山盆地を灌漑(かんがい)するための用水路。明治15年(1882)通水。新水路は昭和26年(1951)完成。ともに猪苗代(いなわしろ)湖から取水し、阿武隈(あぶくま)川に注ぐ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安積疎水
あさかそすい

福島県郡山(こおりやま)市付近を灌漑(かんがい)する用水路。猪苗代(いなわしろ)湖の水を引く。近年は新安積疎水を加え、さらに五百(ごひゃく)川筋の水利組合を合併し、これらの水路全部を安積疎水とよぶようになった。安積疎水は3年間の工事ののち1882年(明治15)10月通水。第二次世界大戦後さらに開田を進めるため新安積疎水開設の工事に着手、1965年(昭和40)完成した。灌漑面積1万4000ヘクタール。郡山、須賀川(すかがわ)、本宮(もとみや)の3市などにまたがり、組合員は約1万人に達する。猪苗代湖の水の利用は、安積地方の干害を除くために、明治の初め地元の小林久敬(きゅうけい)らがかねて画策していた。開成山の開拓を進めた県官中条政恒(ちゅうじょうまさつね)もその計画を重視し、政府に建白書を出した。安積の諸原野が士族授産のための開墾適地と認められ、入植者も迎えて、ようやく通水計画は具体化した。オランダ人ファン・ドールンの設計により、1879年(明治12)着工。猪苗代湖の排水口である戸ノ口に十六橋水門を設けて水位を調節し、上戸(じょうこ)で取水して五百川の上流に流し、磐梯熱海(ばんだいあたみ)温泉付近でまた取水して対面原(たいめんぱら)その他を灌漑する。五百川筋の落差を利用して、沼上(ぬまかみ)、竹ノ内、丸守では発電も行う。この用水を得て安積の古田は干害を免れ、開墾地では新田面積が増加した。取水量は最初、毎秒5.57立方メートル、新安積疎水の完成で11.3立方メートルとなった。この増量のため上戸の取水口は新しく付け替えられた。灌漑用ばかりでなく、郡山市民の飲料水、工業用水も供給する。沼上などの発電は郡山市の工業の発達に役だち、また開墾の進行で人口増加をみるなど、安積疎水は郡山の発展に大きく貢献している。1997年(平成9)より老朽化した用水路の改修を行う「新安積農業水利事業」が開始され、2008年(平成20)にすべての工事が完成した。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安積疎水の関連キーワード西根堰用水路池沼RV RESORT 猪苗代湖モビレージ猪苗代リゾートスキー場用悪水路保原[町]福島県耶麻郡猪苗代町阿武隈ライン灌漑用水

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安積疎水の関連情報