コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝巻 ほうかんbao-juan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝巻
ほうかん
bao-juan

中国,講唱文学の一形態。唐代の中期以後,都市の寺院で俗人に向ってする説法 (いわゆる俗講 ) が流行し,それがのちに種々の題材を扱う講談に発達したが,宝巻はその俗講の直系で,仏教の教理,経典,因縁談などを通俗的に解釈した物語を地の文と歌詞を結合させて講唱した。元代頃から流行したと考えられるが,明,清代になって道教などの新興宗教が宣教にこの形式を利用し,さらに民間伝説を宝巻体に改作した『雷峰塔宝巻』『孟姜 (きょう) 女宝巻』などの作品が多く作られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうかん【宝巻 bǎo juàn】

中国の〈講唱文学〉に属する通俗な語り物。唐代の〈俗講〉,宋代の〈説経〉の流れを引く歌い語りの講釈で,仏典仏教説話に取材したもののほか,道教の神々の本地ものや,古くからの民間説話を仏教的に潤色したものなど,その内容は雑多である。これがいつごろから民間で行われるようになったかは,それの古い確かなテキストが現存しないため明らかではないが,明・清の時代には,都市や郷村で主として年輩の尼によって語られることが多く,清代末期にはそれが安価な石印本として多量に出版された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうかん【宝巻】

中国近世の仏教故事を中心として、道教・民間故事にも説き及ぶ通俗的な語り物。「薬師本願功徳宝巻」「孟姜女宝巻」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の宝巻の言及

【白蓮教】より

…また明代に入ると,白蓮教系の諸教団では,布教のための経典が製作されるようになった。この通常,宝巻と呼ばれる経典のなかには,〈真空家郷〉〈無生父母〉の語が見られ,明末から清代にかけては白蓮教の〈八字真言〉といわれるようになった。この〈八字真言〉は,民衆が,現実の父母や家・故郷との関係,すなわち地縁的・血縁的関係を否定して反体制的行動に身を投じる際に有力に働いた思想である,という見方も行われている。…

※「宝巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宝巻の関連キーワード民間故事善書

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝巻の関連情報