コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝達山 ほうだつざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝達山
ほうだつざん

石川県能登半島基部にある山。宝達丘陵最高峰で標高 637m。閃緑岩花崗岩片麻岩から成る。江戸時代は金を産出し,明治期には石灰岩,第2次世界大戦までは蛍石もとれたが,現在はいずれも廃鉱。南西斜面に県の畜産試験場があり,ウシが放牧されている。山頂には手速比 咩 (てはやひめ) 神社があり,眺望がよい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうだつ‐ざん【宝達山】

石川県、能登半島の基部にほぼ南北に続く宝達丘陵の主峰。標高637メートル。江戸時代には金を産出。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝達山
ほうだつさん

石川県中央部、羽咋(はくい)郡宝達清水(ほうだつしみず)町押水(おしみず)地区にある山。標高637メートル。宝達丘陵の主峰で、能登(のと)の最高峰。花崗(かこう)岩、片麻岩からなり、天正(てんしょう)~慶長(けいちょう)年間(1573~1615)は金山で栄えた。また薬草、石灰、蛍石など産物が多いことから宝達の名があるという。山頂に手速比(てはやひめ)神社の奥社があり、いまも宝達権現(ごんげん)祭が行われる。ブナ、ユキツバキなど植相は豊かで、県畜産総合センターがある。山頂は無線中継所のアンテナが林立し、加賀、能登、越中(えっちゅう)の眺望に優れ、車道が通じる。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宝達山の言及

【押水[町]】より

…砂丘の内側はかつて潟湖であった。基幹産業は農業で米作を中心に花木・果樹栽培が行われ,宝達山西麓には県営放牧場がある。北川尻には藩政時代十村役を務めた喜多家の住宅(重要文化財),北部の末森山には城跡がある。…

【宝達丘陵】より

…石川県能登半島の基部,俱利伽羅(くりから)峠を起点に石動(いするぎ)山に至る地塁性の丘陵。最高所の宝達山(標高637m)は花コウ岩,片麻岩類からなる火山。近世初期,宝達金山の採掘が行われたが,1628年(寛永5)の地震で廃絶したという。…

※「宝達山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宝達山の関連キーワード石川県羽咋郡宝達志水町宝達志水(町)押水[町]宝達志水町石川県高松押水

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android