金剛頂寺(読み)コンゴウチョウジ

  • こんごうちょうじ コンガウチャウ‥
  • こんごうちょうじ〔コンガウチヤウ〕

百科事典マイペディアの解説

高知県室戸(むろと)市行当(ぎょうど)にある真言宗豊山(ぶざん)派の寺。本尊薬師如来。西寺(にしでら)とも。四国八十八ヵ所26番札所。9世紀初頭空海開創,嵯峨(さが)・淳和(じゅんな)両天皇の勅願所とされたという。鎌倉末期には最御崎(ほつみさき)寺・京都西明(さいみょう)寺の住持を兼帯。江戸期には高知藩山内家の祈祷所として保護された。板彫真言八祖像・木造阿弥陀如来座像・銅造観音菩薩立像・大比廬遮那(だいびるしゃな)経7巻・銅鐘などは重要文化財。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高知県室戸(むろと)市元(もと)にある真言(しんごん)宗豊山(ぶざん)派の寺。龍頭山(りゅうとうさん)光明院と号する。本尊は薬師如来(やくしにょらい)。四国八十八か所霊場26番札所。室戸岬の最御崎寺(ほつみさきじ)を東寺(ひがしでら)とよぶのに対し、西寺(にしでら)とよばれる。弘法(こうぼう)大師空海は唐より帰国後、当地で修行。807年(大同2)に当寺を創建した。空海自刻の薬師如来を本尊として、嵯峨(さが)、淳和(じゅんな)両天皇の勅願所となったといわれる。鎌倉末期には、当寺の住持は最御崎寺や京都槇尾(まきのお)西明寺(さいみょうじ)の住持を兼帯するなど勢力を広げ、寺領も広大であった。
 戦国時代には土豪の香宗我部(こうそがべ)氏、ついで長宗我部(ちょうそがべ)氏の庇護(ひご)を受けた。1601年(慶長6)に入国した藩主山内氏は当寺を祈祷(きとう)所に定め、堂舎を再建したが、1899年(明治32)の大火で大量の古文書、文化財を焼失。現在、1327年(嘉暦2)作の板彫真言八祖像、木造阿弥陀(あみだ)如来坐像(ざぞう)(平安末)、銅造観音菩薩(かんのんぼさつ)立像、金銅密教法具、銅鐘(朝鮮鐘)などの国重要文化財がある。[水谷 類]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

高知県室戸市元にある真言宗豊山派の寺。山号は龍頭山。大同二年(八〇七)平城天皇の勅願により空海の創建と伝えられる。最御崎寺(ほつみさきじ)を東寺とよぶのに対して、西寺とよばれる。四国八十八所の第二六番札所。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の金剛頂寺の言及

【室戸岬】より

…空海修行の地で,その著《三教指帰(さんごうしいき)》に〈土州室戸崎〉と記されている。唐より帰国ののち,岬の山上に807年(大同2)建立したと伝えるのが最御崎(ほつみさき)寺(四国八十八ヵ所24番札所)で,行当岬近くにある金剛頂寺(26番札所)を西寺(にしでら)とよぶのに対し東寺とよばれる。海食洞の御蔵(みくら)洞,一夜建立の岩屋など,付近には空海にかかわる伝承を伝えるものが多い。…

※「金剛頂寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android