コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮滝遺跡 みやたきいせき

百科事典マイペディアの解説

宮滝遺跡【みやたきいせき】

奈良県吉野町にある縄文(じょうもん)時代晩期から奈良時代につづく複合遺跡史跡)。縄文時代の層から巻貝ヘナタリ)で文様を付けた宮滝土器(後期末)が出土弥生時代の層からは合口甕棺(あわせぐちかめかん)を縮小したような合蓋土器6を含む櫛目(くしめ)文土器が出た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやたきいせき【宮滝遺跡】

奈良県吉野郡吉野町宮滝にある縄文時代から奈良時代につづく複合遺跡。紀ノ川の上流吉野川の蛇行部北岸に形成された東西570m,南北300mの河岸段丘上に立地し,吉野川からの比高は約20m,標高は約185mを測る。1930‐39年の発掘と,75年以降今日に至るほぼ毎年の発掘とで,遺跡の全貌が明らかになりつつある。遺跡は縄文時代後・晩期,弥生時代前・中期,奈良時代の3時期のものが主である。縄文時代の遺跡は吉野川寄りの南西部段丘上にあり,100m四方の範囲に限られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

みやたきいせき【宮滝遺跡】


奈良県吉野郡吉野町宮滝の吉野川北岸の河岸段丘上にある宮殿跡。縄文時代から奈良時代にかけての遺物を含む山地の遺跡としてその価値が認められ、1957年(昭和32)に国の史跡に指定された。約2万m2という広大な地域にまたがって、各時代の遺物が出土。縄文時代の遺構は国道169号の新道と旧道に挟まれた段丘上に、弥生時代の遺構は宮滝の段丘で広範囲にみられる。縄文文化に関するものは土器、石斧(せきふ)、石鏃(せきぞく)、石小刀、石棒などからなり、土器は沈線をほどこし、部分的に巻貝による圧痕を有するものが多い。弥生文化に関するものは土器、石斧、石庖丁などで、土器は櫛目文が多く大型で合蓋式のものもあり特色をそなえる。なお、地表下に30~40cm内外の敷石があり、須恵器(すえき)、土師器(はじき)および古瓦などが出土する。近畿日本鉄道吉野線大和上市駅から奈良交通バス「宮滝」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮滝遺跡
みやたきいせき

奈良県吉野郡吉野町宮滝にある縄文・弥生(やよい)・飛鳥(あすか)・奈良時代の複合遺跡。1930年(昭和5)に奈良県と京都大学が調査を行い、75年(昭和50)以降、橿原(かしはら)考古学研究所が調査を継続している。遺跡は東西400メートル、南北200メートルの河岸段丘上にあり、約3分の1が国の史跡に指定されている。縄文時代後期に属する宮滝式土器の標式遺跡であるが、分布の中心とは考えがたい。
 宮滝遺跡は、天武(てんむ)・持統(じとう)朝を中心とする吉野宮、吉野離宮の推定地としても注目されており、飛鳥諸宮の調査に先駆けて、宮殿に伴う敷石遺構が検出されていた。近年の継続調査によって宮城を推定しうる遺構が検出されつつある。[石野博信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宮滝遺跡の言及

【吉野宮】より

…吉野宮の場所については,従来各種の説があったが,現在では吉野町宮滝の地にほぼ確定したとみてよい。宮滝遺跡は末永雅雄による第1次調査(1930‐38),奈良県教育委員会による第2次調査(1975以降)により全容が解明されつつある。第1次調査により検出された石敷遺構は河岸段丘の第1段にあって,出土した軒丸瓦や軒平瓦から奈良時代後半のものと考えられるのに対し,第2次調査で検出された柵列や建物群は河岸段丘の第2段にあって方位を同じくし,第1次に比しやや古い時期の遺構と考えられる。…

※「宮滝遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮滝遺跡の関連キーワード飛鳥稲淵宮殿跡櫛目文土器吉野(町)末永 雅雄末永雅雄合口甕棺吉野宮土師器櫛目文石庖丁石斧遺構石棒石鏃櫛目

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android