コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿無団七時雨傘 やどなしだんしちしぐれのからかさ

世界大百科事典 第2版の解説

やどなしだんしちしぐれのからかさ【宿無団七時雨傘】

歌舞伎狂言。世話物。3幕6場。通称《宿無団七》。初世並木正三作。1768年(明和5)7月大坂竹田芝居初演。67年閏9月京の北側芝居初演という説もある。おもな配役は団七茂兵衛を竹田宇八,芸子とみを中村松代,岩井風呂利助を竹田伊勢松,平右衛門を中山滝蔵,嵐三五郎を竹田多蔵,沢村国太郎を中村吉松,千力の市兵衛を竹田時蔵,数右衛門を竹田次郎市,おそよを佐野川富松,大文字屋次兵衛・下人嘉兵衛を竹田万六であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿無団七時雨傘
やどなしだんしちしぐれのからかさ

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。三幕。初世並木正三(しょうざ)作。1768年(明和5)7月、大坂若太夫芝居で、竹田宇八、中村松代らにより初演。前年の閏(うるう)9月、京・北側芝居初演という説もある。当時大坂の岩井風呂(ぶろ)で実際にあった湯女(ゆな)殺しを、元禄(げんろく)期(1688~1704)から上方(かみがた)に伝わる歌舞伎狂言『宿無団七』の主役名を借り、事件後すぐ脚色したもの。かつては侍であった団七の茂兵衛は、旧主のため、魚屋になって宝刀を詮議(せんぎ)していたが、愛人の芸子とみは敵(かたき)役が持つ刀の折紙(おりかみ)を手に入れるため、心ならずも愛想づかし。茂兵衛は、狂言作者の家で、不実の女を男が殺すという筋の芝居の打合せを聞き、身につまされて心乱れ、多くの人を殺傷する。1790年(寛政2)以来、主人公が殺人の示唆を受ける作者の名が並木正三と決まった。魚売りの風俗や役者と作者の生活などが描かれているのが珍しく、全体に京坂の味が強く残る、生粋(きっすい)の上方狂言である。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宿無団七時雨傘の関連キーワード並木正三(なみきしょうざ)並木正三(1世)中山文七(2代)歌舞伎狂言縁切り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android