コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松薩摩掾 ふじまつさつまのじょう

世界大百科事典 第2版の解説

ふじまつさつまのじょう【富士松薩摩掾】

新内節富士松派の演奏家。(1)初世(1686‐1757∥貞享3‐宝暦7) 本名野中彦次郎。新内節始祖の一人。初め宮古路豊後掾の弟子で宮古路加賀太夫を称した。1745年(延享2)冬に富士松薩摩と改めて独立,翌年掾号を受領し,富士松家を創始した。江戸の劇場に出演したが,豊後掾譲りの語り口で,内容的にはあまり特色はなかったようである。三味線方は竹沢平八。初世の子が薩摩と名のったが芸歴などは未詳で,以後この名跡は中絶していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の富士松薩摩掾の言及

【新内節】より

…それ以前の同系統の富士松,鶴賀,豊島らの節も含み,また後年富士松魯中(ろちゆう)の称した富士松浄瑠璃も,現在では新内節に含めている。
[歴史]
 享保(1716‐36)の末ごろ,上方から江戸に下った宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじよう)にしたがった宮古路加賀太夫は,1745年(延享2)に師家を去って独立,富士松薩摩(翌年富士松薩摩掾を受領)と名のり52年(宝暦2)まで劇場に出演し,57年に没した。この富士松家は3代目で中絶した。…

※「富士松薩摩掾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富士松薩摩掾の関連キーワード宮古路加賀太夫(2代)宮古路加賀太夫(初代)鶴賀若狭掾(初代)竹沢平八(初代)鶴賀新内(初代)新内節富士松派新内志賀大掾5月22日鶴賀若狭掾富士松魯中6月9日豊後節

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android