コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寸松庵色紙 すんしょうあんしきし

5件 の用語解説(寸松庵色紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寸松庵色紙
すんしょうあんしきし

古今和歌集』の写本の断簡 (きれぎれになった書き物) 。江戸時代の茶人で織田家家臣の佐久間将監真勝が,大徳寺内に造った隠居所寸松庵に,12枚を所蔵していたことからこの名がある。もと冊子本であったが1紙ごとに分断され,現在は諸家に所蔵される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寸松庵色紙【すんしょうあんしきし】

古今和歌集》を書写した平安時代の色紙。伝紀貫之筆。冊子本を1葉ずつ分割したもので三十数葉が現存。白,赤,茶,青の料紙に亀甲,草花などの文様を描き,書風はさわやかな味わいがある。
→関連項目継色紙升色紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すんしょうあんしきし【寸松庵色紙】

古筆の一つ。縦横10cmほどの正方形の唐紙(からかみ)に《古今集》の中の歌各1首を書したもので,継(つぎ)色紙,升色紙とあわせて三色紙といわれる名品。ただし,色紙といっても後世のいわゆる色紙とは違い,升形両面書写の冊子本をばらし,かつ表裏剝ぎ分けたものである。茶人佐久間将監真勝(さねかつ)(1570‐1642)がこれを愛蔵したので,彼が大徳寺に設けた茶室寸松庵にちなんでその名がついた。なお,それ以前には堺の南宗寺にあったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すんしょうあんしきし【寸松庵色紙】

三色紙の一。伝、紀貫之筆。古今集の四季の歌を書写した粘葉装でつちようそう冊子の断簡。佐久間将監(1570~1642)が大徳寺の塔頭たつちゆう「寸松庵」で愛蔵したことからの名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寸松庵色紙
すんしょうあんしきし

「継(つぎ)色紙」「升(ます)色紙」とともに三色紙の一つに数えられる古筆中の名品。平安後期(11世紀後半)の書写と推定される。『古今和歌集』の四季の歌を書いたもので、料紙には白、藍(あい)、茶などの具引き(胡粉(ごふん)引き)地にさまざまな型文様(亀甲(きっこう)、草花、唐草(からくさ)など)を雲母(きら)で刷り出した舶載の唐紙(からかみ)を用いており、もとは胡蝶(こちょう)装の冊子本。近世の初め、その断簡36枚が堺(さかい)の南宗(なんしゅう)寺の襖(ふすま)に貼(は)られていたが、うち12枚を佐久間将監実勝(さくましょうげんさねかつ)(1570―1642)が掌中にし、歌意を描いた扇面とともに帖(じょう)に仕立てて愛蔵、没後は菩提(ぼだい)寺である大徳寺塔頭(たっちゅう)竜光院(りょうこういん)の茶室・寸松庵に施入された。命名はこれに由来する。現在は諸家に分蔵。強靭(きょうじん)で充実した線の美しい連綿、小さな空間に広大な宇宙を感じさせる絶妙な散らしは高く評価されている。紀貫之(きのつらゆき)筆の伝承はむろん誤りである。[尾下多美子]
『小松茂美監修『日本名跡叢刊49 寸松庵色紙』(1981・二玄社) ▽飯島稲太郎編『平安朝かな名蹟選集5 寸松庵色紙』(1956・書芸文化新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寸松庵色紙の言及

【仮名】より

…書写当時のままの完本は巻第五・八・二十の3巻のみで,他は分断され,諸家に分蔵されている。平安時代の三色紙と呼ぶ継色紙寸松庵色紙・升色紙(ますしきし)も,本来は冊子本の歌集であったが,一首ごとに切り放して表具されている。継色紙は小野道風筆と鑑定されているが,書風はほぼ道風時代(10世紀中ごろ)と推定され,高野切よりは古体に属するものである。…

【古筆】より

… 古筆切につけられた名称は,一つの巻物がいくつかに切断され,各所に分蔵されるに至った場合,もとは同じものであることを認識する必要から固有の通称がつけられるようになったもので,もとの所蔵者,伝来の地名,字すがた,料紙などの特徴にちなんで名づけられる。例えば,所蔵者の名をつけたものには本阿弥光悦の愛蔵した伝小野道風筆《古今集》断簡の〈本阿弥切〉などがあり,伝来の地名を冠したものは〈高野切〉〈本能寺切〉など,字すがたによるものは伝藤原佐理筆〈紙撚(こより)切〉〈針切〉など,料紙の特徴にちなむものに伝藤原行成筆〈升色紙〉,伝小野道風筆〈継色紙〉,伝紀貫之筆〈寸松庵色紙〉などがある。 現存する古筆切は約500種類に及んでいる。…

※「寸松庵色紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寸松庵色紙の関連キーワード区分求積法古筆切継色紙古筆家古筆見シックス判巡方方鏡立方体正方形賛歌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone