コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田国松 ハマダクニマツ

5件 の用語解説(浜田国松の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はまだ‐くにまつ【浜田国松】

[1868~1939]政治家。三重の生まれ。護憲運動に参加。のち、政友会に入党。昭和9年(1934)衆議院議長に就任。同12年、施政方針質問の際に軍部を批判、寺内寿一陸相と「腹切り問答」を行った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜田国松 はまだ-くにまつ

1868-1939 明治-昭和時代前期の政治家。
慶応4年3月10日生まれ。弁護士をへて明治37年衆議院議員(当選12回,政友会)。昭和9年衆議院議長。12年本会議で軍部の政治介入を批判し,寺内寿一(ひさいち)陸相との腹切り問答で広田内閣を総辞職においこんだ。昭和14年9月6日死去。72歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。東京法学院(現中央大)卒。号は孤松。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はまだくにまつ【浜田国松】

1868‐1939(明治1‐昭和14)
政治家。三重に生まれる。1891年東京法学院(現,中央大学)を卒業して,弁護士となる。宇治山田市議会議長を経て,1904年第9回総選挙で初当選,以後当選12回。甲辰俱楽部,猶興会,又新(ゆうしん)会に属し,立憲国民党結成に参加,以後犬養毅と歩みを共にし25年立憲政友会に入る。27年田中義一内閣で司法政務次官に就任。しだいに雄弁家として知られ,帝人事件を検察ファッショと批判するなど,しばしば代表質問に立ち,二・二六事件後の第70議会(1937年1月)で軍部の政治関与を批判し,寺内寿一陸相と腹切り問答を展開したことは有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はまだくにまつ【浜田国松】

1868~1939) 政治家。三重県生まれ。1904年(明治37)以来衆議院議員当選一二回。25年(大正14)政友会に入党。三四(昭和九)~36年衆院議長。37年軍部の政治関与を批判して、寺内寿一陸相との間にいわゆる腹切り問答を展開した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜田国松
はまだくにまつ
(1868―1939)

明治・大正・昭和期の政党政治家。号は孤松。慶応(けいおう)4年3月10日、伊勢(いせ)国(三重県)に生まれる。1891年(明治24)東京法学院(中央大学の前身)を卒業し弁護士となった。1904年(明治37)から衆議院議員に12回当選。国民党、革新倶楽部(くらぶ)などに所属、1925年(大正14)犬養毅(いぬかいつよし)らとともに政友会に入った。1934~1936年(昭和9~11)衆議院議長を務めた。第一次、第二次の護憲運動を通して硬骨の政治家として知られた。二・二六事件以後軍部の政治干渉は増大するばかりであったが、1937年1月の衆議院本会議において、軍部の政治干与を攻撃する演説を行った。答弁にたった寺内寿一(てらうちひさいち)陸相がこれを軍人を侮辱するものであるときめつけたのに対して、「軍隊を侮辱したことばがあったら割腹して君に謝する、なかったら君割腹せよ」と詰め寄って、政党と軍部の正面衝突を引き起こした(腹切り問答)。このため広田弘毅(こうき)内閣は、解散を要求する陸相とそれに反対する政党出身閣僚の対立で同月23日総辞職に追い込まれた。昭和14年9月6日死去。[芳井研一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浜田国松の言及

【政友会】より

…政党内閣回復への期待が実現されないままに,36年の総選挙では第二党に転落し,二・二六事件を契機に軍部の発言権がさらに強化される状況を迎えて,党内対立も表面化して混迷を続けた。37年幹部の一人浜田国松が寺内寿一陸相との間で,いわゆる腹切り問答を展開して軍部批判を行い,林銑十郎内閣が政党を排除して成立するや,民政党とともに倒閣運動をおこすなどの抵抗を試みるが,将来への展望を切り開くことはできなかった。 そして,各層の期待を担い,清新ムードのなかで登場した近衛文麿内閣の成立には政友会は好意的態度をとり,1937年7月日中戦争が勃発すると,党をあげて戦争遂行を支持し,翌38年議会の権能を大きく制約する国家総動員法案に対しても反対できなかった。…

【帝国議会】より

…また,満州事変以後では政党に対する軍部の批判を顧慮して政党の政権獲得への意欲は消極的となり,とくに36年の二・二六事件以後,その傾向はさらに顕著になった。しかし,広田弘毅内閣が軍部の要求により行政機構の改革と並行して議会制度の改革に着手しようとして政党側の反発を招いたこと,37年には政友会幹部の浜田国松が軍部を批判,寺内陸相との腹切り問答を展開したこと,また,林銑十郎内閣が政党を無視して組閣し,軍と癒着した諸政策を推進しようとして政党側の反撃にあい退陣したことなどは,政党側が受身ながら軍部への抵抗を示した事例といえよう。
[翼賛体制への移行]
 政党の発言権の落傾向はとどめ難く,1937年6月成立した近衛文麿の内閣は各界の期待を担って登場したが,政党からの入閣者は近衛に近い者の中から民政,政友両党から各1名にすぎなかった。…

※「浜田国松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜田国松の関連キーワード前田米蔵良い星の下に生まれる磯部保次江藤新作岡山兼吉小野重行辻寛堀内良平松田秀雄東京法令出版

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone