コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対物レンズ たいぶつレンズ objective lens

5件 の用語解説(対物レンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対物レンズ
たいぶつレンズ
objective lens

望遠鏡や顕微鏡などの光学系で,物体に面するほうのレンズ。これに対して眼に接する側のレンズを接眼レンズという。対物レンズは光学系の分解能や明るさなどの性能を大きく左右する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいぶつ‐レンズ【対物レンズ】

望遠鏡や顕微鏡などで、対象物に近い側のレンズ。対物鏡。→接眼レンズ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

対物レンズ【たいぶつレンズ】

望遠鏡顕微鏡などの光学器械で,観測する物体に面するレンズ。対物レンズでつくった物体の実像を接眼レンズで拡大して見る。収差を小さくするため,ふつう屈折率の異なるレンズを数枚組み合わせてつくる。
→関連項目双眼鏡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たいぶつレンズ【対物レンズ】

顕微鏡・望遠鏡などの光学器械で、物体から来た光が最初に結像するレンズ。 → 接眼レンズ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対物レンズ
たいぶつれんず

光学器械において、もっとも物体側に位置しているレンズのこと。望遠鏡と顕微鏡の対物レンズが代表的である。望遠鏡の対物レンズは、大きな焦点距離と口径をもつ。対物レンズと接眼レンズの焦点距離の比が望遠鏡の倍率である。したがって、対物レンズの焦点距離が大きいほど倍率も大である。口径は像に送り込まれる光の量に関係し、倍率が高いほど口径も大きくなければならない。光学系の入射瞳(ひとみ)(望遠鏡の場合は対物レンズ)の直径と焦点距離の比を口径比という。天体望遠鏡では対物レンズの口径比は1:10ぐらい、地上用望遠鏡では明るさを必要とするので1:5ぐらいである。近距離にある物体の拡大像を得る必要と、顕微鏡全体をあまり大形にしないということのため、顕微鏡の対物レンズは、焦点距離が短く小形となっている。しかし倍率を大きくし、分解能を高めなければならないので、大きな開口数を有すること、収差補正が良好に行われることが必要である。望遠鏡と顕微鏡の対物レンズは動作状態が異なるが、一般に視界は狭く、角度にしてせいぜい数度の程度であるから、対物レンズで補正すべき収差は、色収差、球面収差、コマ収差である。二つの色の光に対して色収差を補正した対物レンズはアクロマートとよばれ、凸レンズと凹レンズを組み合わせてつくる。色収差の補正を広い波長範囲に対して行ったものがアポクロマート対物レンズである。これは、3枚のレンズを用いたり、蛍石などの特殊な材料を使ったレンズでつくられる。高倍率の顕微鏡対物レンズでは、試料とレンズの間の空隙(くうげき)を、屈折率がレンズや試料のものに近いセダー油などの液体で満たす。これを液浸対物レンズという。[三宅和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の対物レンズの言及

【レンズ】より

収差
【レンズの性能】

[結像性能]
 レンズの多くは実像を作る配置で用いられる。顕微鏡や望遠鏡の対物レンズによる拡大または縮小した空中像,投影レンズによるスクリーン面への投影,写真レンズによるフィルム面への記録などである。しかし一部には拡大鏡や接眼レンズのように拡大した虚像を作ってその像を目の網膜に結ばせるものもある。…

※「対物レンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

対物レンズの関連キーワード限外顕微鏡顕微鏡写真光学顕微鏡鉱物顕微鏡赤外線顕微鏡位相差顕微鏡検査法蛍光顕微鏡法光学顕微鏡検査法走査電子顕微鏡冷凍顕微鏡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

対物レンズの関連情報