尊・貴(読み)とうとい

精選版 日本国語大辞典の解説

とうと・い たふとい【尊・貴】

〘形口〙 たふと・し 〘形ク〙
① 高貴である。品位が高くすぐれている。すぐれて価値がある。あがめ重んずべきである。大切である。たっとい。
※万葉(8C後)五・八〇〇「父母を 見れば多布斗斯(タフトシ) 妻子見れば めぐし愛(うつく)し 世の中は かくぞ道理(ことわり)
※大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)九「帝子の崇(タフト)きこと、出処斯に在す」
② 価値が高い。めでたく良い。立派である。貴重である。
※古事記(712)上・歌謡「赤玉は 緒さへ光れど 白玉の 君が装(よそひ)し 多布斗久(タフトク)ありけり」
※万葉(8C後)三・三四二「言はむ術(すべ)せむ術知らず極まりて貴(たふとき)ものは酒にしあるらし」
③ 効験があって重んずべきである。高徳である。
※源氏(1001‐14頃)手習「その頃、横川に、なにがしの僧都とかいひて、いとたうとき人、住みけり」
とうと‐が・る
〘他ラ五(四)〙
とうと‐げ
〘形動〙
とうと‐さ
〘名〙

たっと・む【尊・貴】

〘他マ四〙 (「たふとむ」の変化した語) あがめ重んずる。とうとむ。
※極楽寺殿御消息(13C中)第七六条「おなじ人なりとも、よからんをこそたっとむべけれ」

たっと・い【尊・貴】

〘形口〙 たっと・し 〘形ク〙 (「たふとし」の変化した語)
① 価値が高い。すぐれた値うちがある。とうとい。
※康頼宝物集(1179頃)中「童子貴に非ず、菩提心の尊き故なり」
※宇治拾遺(1221頃)一二「それにつけても、たっときおぼえはいよいよ増りけり」
② 身分・地位が高い。品位が高くすぐれている。とうとい。
※源平盛衰記(14C前)一「彼卿の祈の師に、大納言阿闍梨祐真とて、貴(タット)き真言師あり」
たっと‐げ
〘形動〙
たっと‐さ
〘名〙

たっと・ぶ【尊・貴】

(「たふとぶ」の変化した語)
[1] 〘他バ上二〙 あがめ重んずる。とうとぶ。
※成簣堂本論語抄(1475頃)顔淵「とくをたっとぶる義をこたうるなり」
[2] 〘他バ五(四)〙 (一)に同じ。
※史記抄(1477)一五「時に循吏をたっとひ用らるる事もないに」
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「左は文、右は武也。周は文をたっとぶほどに、左をたっとび」
[補注]連用形は(一)か(二)か明らかでないが、便宜上(二)に入れた。

とうと・ぶ たふとぶ【尊・貴】

[1] 〘他バ上二〙 あがめ敬う。敬って大切に扱う。重んじる。尊重する。たっとぶ。とうとむ。
※書紀(720)用明即位前(図書寮本訓)「天皇、仏の法(みのり)を信(う)けたまひ、神の道を尊(タフトヒ)たまふ」
※観智院本三宝絵(984)下「男女来りをがみてよろこびたうとぶる物おのづからおほかり」
[2] 〘他バ五(四)〙 (一)に同じ。
※大日経義釈延久承保点(1074)「是の龍の中に尚(タフトフ)所の花」

とうと・む たふとむ【尊・貴】

[1] 〘他マ四〙 =とうとぶ(尊)(一)
※書紀(720)欽明一七年正月(寛文版訓)「亦頻に賞祿(たまもの)して、衆(もろひと)に欽(タフトミ)(ほ)めたまふ所なり」
※徒然草(1331頃)一二〇「得がたき貨をたふとまず」
[2] 〘他マ上二〙 =とうとぶ(尊)(一)
※観智院本三宝絵(984)中「法をひろめて、よにたうとみらるるをそねみねたみて云く」

たと・ぶ【尊・貴】

[1] 〘他バ上二〙 =たっとぶ(尊)
※文明本節用集(室町中)「為世所(タトビラル)〔論序〕」
[2] 〘他バ四〙 =たっとぶ(尊)
※文明本節用集(室町中)「礼不(タトバズ)芸〔論語疏〕」

とうと たふと【尊・貴】

(形容詞「とうとい」の語幹) 尊いこと。
※万葉(8C後)六・一〇五〇「あなあはれ 布当(ふたぎ)の原 いと貴(たふと) 大宮所」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)日光「あらたうと青葉若葉の日の光」

たと・し【尊・貴】

〘形ク〙 =たっとい(尊)
※今鏡(1170)四「神落ちて、御経なども紙の所ばかりは焼けて、文字は残り、御身には露の事もおはしまさざりける、いとたとく、あさましき事ども聞き侍りし」

たっと・し【尊・貴】

〘形ク〙 ⇒たっとい(尊)

とうと・し たふとし【尊・貴】

〘形ク〙 ⇒とうとい(尊)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android