コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩長同盟 さっちょうどうめい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩長同盟
さっちょうどうめい

薩長和解連合ともいわれる討幕のための薩摩,長州両藩の盟約。文久3 (1863) 年8月,薩摩藩公武合体論に押され朝廷に対する支配権を失った長州藩は,以後列国艦隊による砲撃,幕府征長軍の攻撃を受けて降伏し,藩主以下朝譴をこうむった。しかし,薩摩藩内に討幕派が台頭し,また幕府の薩長討伐計画が漏れるに及び,薩長両藩は土佐藩出身の坂本龍馬らの仲介のもとにこれまでの対立反目を解消し,慶応2 (66) 年1月,討幕のため提携の約を結んだ。京都の薩摩藩邸で薩摩藩側から小松帯刀西郷隆盛,長州藩側から桂小五郎 (→木戸孝允 ) らがそれぞれ代表として会見した。この際の攻守同盟に基づき,長州藩は第2次幕長戦争に勝利を収めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

薩長同盟

江戸幕府を倒すため、薩摩藩と長州藩が結んだ軍事同盟の密約。京都の屋敷で薩摩藩の小松帯刀と西郷隆盛、長州藩の木戸孝允らが会して締結した。坂本龍馬のあっせんも大きかったとされる。こうした動きが2年後の明治維新につながった。

(2016-08-22 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

薩長同盟【さっちょうどうめい】

1866年薩摩(さつま)鹿児島藩と長州藩との間に結ばれた同盟。第1次長州征伐までは薩長両藩はことごとく反目し合っていたが,鹿児島藩で尊攘派が台頭,長州藩でも高杉晋作らが両藩協力の利を悟った後は両藩指導層の接近は急速に進み,坂本竜馬中岡慎太郎の周旋で長州の木戸孝允と薩摩の西郷隆盛小松帯刀とが京都で会見し,6ヵ条からなる盟約を結んだ。
→関連項目グラバー品川弥二郎尊王攘夷運動大政奉還萩藩明治維新

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

薩長同盟

 1866年に薩摩藩[さつまはん]と長州藩[ちょうしゅうはん]が結んだ、江戸幕府をたおすための同盟です。坂本龍馬[さかもとりょうま]が仲立ちし、長州藩の木戸孝允[きどたかよし]、薩摩藩の西郷隆盛[さいごうたかもり]・大久保利通[おおくぼとしみち]らが会談してできました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さっちょうどうめい【薩長同盟】

1866年(慶応2)薩摩藩と長州藩との間で結ばれた軍事同盟。薩長連合ともいう。66年6月5日に第2次長州征伐の総攻撃の命が下ったが,それより先の正月21日には坂本竜馬,中岡慎太郎の熱心な周旋で,薩摩藩の小松帯刀,西郷隆盛と長州藩の桂小五郎(木戸孝允)との代表間で長州再征の対処案6ヵ条が締結された。この同盟案によって薩摩藩は幕府の征長を背後から妨げ,一方長州藩は〈武備恭順〉を唱える高杉晋作や桂らが挙藩奮戦したので幕兵は諸所に敗れ,形勢非なるうちに将軍徳川家茂が大坂城中で没したので,長州と和して9月撤兵した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

薩長同盟の関連キーワード薩長芸三藩盟約奥羽越列藩同盟木戸 孝允真木菊四郎土方久元浅野長勲黒田清隆加藤徳成毛利敬親山口尚芳西郷南洲海援隊

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薩長同盟の関連情報