コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小牧野遺跡 こまきのいせき

百科事典マイペディアの解説

小牧野遺跡【こまきのいせき】

青森県青森市にある縄文時代遺跡(国指定史跡)。1988年からの調査で,縄文後期のストーン・サークルが発掘された。斜面地を平坦に造成したうえで,直径36mと30mの二重の列石を配置する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国指定史跡ガイドの解説

こまきのいせき【小牧野遺跡】


青森県青森市野沢にある環状列石を含む縄文時代後期前半の遺跡。八甲田連峰から伸びる丘陵の先端部、青森市街の南10kmの地点、八甲田火砕流、月見野火山灰などが覆う標高145mの平坦地にある。1989年(平成1)、青森山田高校の葛西励らが発掘調査した結果、縄文時代後期前半に構築された環状列石の西側半分が確認された。翌年から青森市教育委員会が調査を引き継ぎ、遺跡の範囲・性格などを確認する作業に入った。1995年(平成7)、国指定史跡となり、さらに2001年(平成13)に追加指定があった。環状列石のある場所はもともと傾斜があり、高い方を削って低い方に盛り、円形の平坦地を造成した上に長さ約1.5mの石を径約3mの環状に配してある。これを囲んで外帯径約35m、内帯径約29mの二重の列石がめぐらされており、この列石の南と北には、径約2mの円形に密集した配石や径約4~6mの環状配石が数基ずつ築かれている。また、外に向かって伸びる直線的な列石も発見されている。掘立柱建物群、土坑墓群などがあり、深鉢形土器、浅鉢形土器、台付鉢形土器、壺形土器、注口土器、などが多量に出土し、甕棺(かめかん)用土器も発見されている。石鏃(せきぞく)、石槍、石錐(せきすい)、磨製石斧(せきふ)などの石器、土偶、鐸形(たくがた)土製品、三角形岩版、ミニチュア土器など、祭祀に関連すると思われる遺物も多い。環状列石の南の地点から本州では断片的にしか把握されていなかった続縄文時代の配石と土器・石器などが出土している。JR東北新幹線ほか新青森駅から青森市営バス「野沢」下車、徒歩約20分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

小牧野遺跡の関連キーワード青森県青森市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小牧野遺跡の関連情報