コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小矢部[市] おやべ

2件 の用語解説(小矢部[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小矢部[市]【おやべ】

富山県西部の市。1962年市制。小矢部川上流の砺波(となみ)平野西部を占める。中心の石動(いするぎ)は北陸街道の宿場町,小矢部川の河港として発達。あいの風とやま鉄道,北陸自動車道が通じ,砺波市との境付近で1992年東海北陸自動車道が分岐して,南隣の福光町(現・南砺市)まで開通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おやべ【小矢部[市]】

富山県西部の市。1962年石動(いするぎ)町と砺中(とちゆう)町が合体,市制。人口3万5785(1995)。北西部は稲葉山(346m)を中心とする丘陵を含み,南東部は砺波平野の一部を占める。市の中心今石動町は近世に前田利秀の城下町として成立し,廃城後も加賀藩政下において俱利伽羅峠越えの宿場町として栄え,蔵宿がおかれたり,宿泊や荷物運送の機能も整えられた。市制以前の旧石動町は北陸本線が1890年に通じ(現在は廃線になった加越能鉄道との分岐点でもあった),国道8号線も通る交通の要地で,市役所もここに置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の小矢部[市]の言及

【今石動】より

…1786年(天明6)に旅籠屋15,蠟燭(ろうそく)屋11,鍛冶屋31,紺屋11,室屋11,油屋21があった。1889年石動町となり,1962年に砺中町と合体して小矢部(おやべ)市となる。【高瀬 保】。…

※「小矢部[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小矢部[市]の関連キーワード庄川津島剣岳滑川氷見富山銀行有田小矢部御坊砺波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone