コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩尻峠 しおじりとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩尻峠
しおじりとうげ

長野県中部,諏訪盆地松本盆地を境する峠。新,旧2つの峠があり,旧峠は標高 1055m,新峠は 999m。旧峠は近世中山道の峠で,太平洋岸から甲府を経る「塩の道」と,日本海岸から千国街道を通る「塩の道」の末端にあたるところからこの名称が生じた。付近を御野立公園と呼び,北アルプス方面の眺めがよく,中山道はハイキングコースになっている。新峠は 1889年に開削され,眼下の諏訪湖をはじめ霧ヶ峰八ヶ岳,富士山,あるいは諏訪,岡谷下諏訪の市街の夜景など眺望がよい。国道 20号線が通る。北側を中央自動車道トンネルで通過し,東側に岡谷インターチェンジがある。塩嶺王城県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

塩尻峠【しおじりとうげ】

長野県中部,塩尻市岡谷市の境にある峠。標高1055m。太平洋岸側・日本海岸側の分水界をなす峠の一つ。古くは中山道が通じ,松本盆地諏訪盆地を結んだ。1548年武田信玄と小笠原長時の合戦がこの峠などで行われた。
→関連項目塩尻[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しおじりとうげ【塩尻峠】

長野県中央部にある峠。塩嶺(えんれい)とも呼ばれ,塩尻市と岡谷市の境をなす。標高は999mで,国道20号線が通過している。天竜川・信濃川両水系の分水嶺にあたり,峠の名は太平洋岸から内陸部に運ばれる表塩(おもてじお)と,日本海岸から運ばれる裏塩の終点にあたることから名付けられたといわれる。諏訪・松本両盆地を結ぶ交通・軍事の要衝で,古来からしばしば戦場となった。江戸時代に中山道が通っていた旧峠(1055m)は,現在よりやや北側にあり,1889年に馬車が通れる新道が開設されて,現在のルートに変わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しおじりとうげ【塩尻峠】

松本盆地と諏訪盆地を分ける峠。海抜999メートル。中山道の旧峠は1052メートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕塩尻峠(しおじりとうげ)


長野県中央部、岡谷(おかや)市と塩尻市の境に位置する峠。標高約1020m。国道20号が通じる。北方約600mの旧峠(標高約1050m)は中山道の難所だった。現在の峠と旧峠の間を長野自動車道の塩嶺(えんれい)トンネルが抜ける。諏訪(すわ)湖を眼下に、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)・木曽(きそ)山脈(中央アルプス)・赤石(あかいし)山脈(南アルプス)・八ヶ岳などの山岳景観が一望できる。一帯は御野立(おのたち)公園で、野鳥観察の好適地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩尻峠
しおじりとうげ

長野県の中央部、諏訪(すわ)盆地と松本盆地の境界にある峠で、太平洋と日本海の分水界をなす。近世中山道(なかせんどう)の旧峠は標高1055メートル地点を通るが、現在の国道20号の峠は1012メートル。1986年峠下を中央自動車道長野線(長野自動車道)がトンネルで抜けている。国道の峠にはドライブインや旧長野県庁舎の一部を移築した記念館などがあり、旧峠には展望台があって眼下の諏訪湖をはじめ富士山や北アルプスなどが一望できる。付近一帯は野鳥の宝庫でもある。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塩尻峠の関連キーワード八ヶ岳中信高原国定公園長野県塩尻市中央アルプス長野自動車道塩尻[市]岡谷[市]南アルプス岡谷(市)山脈難所

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android