コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小絲源太郎 こいとげんたろう

4件 の用語解説(小絲源太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小絲源太郎
こいとげんたろう

[生]1887.7.13. 東京
[没]1978.2.6. 東京
洋画家。 1911年東京美術学校金工科を卒業後西洋画科に再入学したが,14年病気のため中途退学。在学中すでに 10年の第4回文展に『魚河岸』が初入選し,以後文展,帝展に出品を重ね,31年に光風会会員,62年に退会。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こいと‐げんたろう〔‐ゲンタラウ〕【小絲源太郎】

[1887~1978]洋画家。東京の生まれ。文展帝展日展で活躍。光風会会員。風景画で知られる。文化勲章受章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小絲源太郎【こいとげんたろう】

洋画家。旧名小糸。東京生れ。東京美術学校金工科,西洋画科に学ぶ。戦前は自然の細密な客観描写を得意としたが,戦後,独自の自然観照に基づく近代的風景画に転じた。1965年文化勲章

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小絲源太郎
こいとげんたろう
(1887―1978)

洋画家。東京生まれ。本姓は小糸。1911年(明治44)東京美術学校金工科を卒業し、さらに西洋画科に入るが、14年(大正3)中退した。在学中から文展、光風会展に出品を続けたが、のち印象主義から暗い細密描写に移り、30年(昭和5)と翌年の帝展で特選を重ね、審査員となる。光風会会員(1931~63)。画風は明るくなり、戦後は日展に出品を続け、54年(昭和29)『春雪』により日本芸術院賞を受けた。59年日本芸術院会員となり、65年には文化勲章を受けるなど、官展系としてはまれにみる新鮮な情感と彩調の風景画家として知られた。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小絲源太郎の関連キーワード賄賂罪アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪アッタロス斡旋収賄罪津野(町)東津野身分犯東京芸術大学120周年

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone