コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小絲源太郎 こいとげんたろう

4件 の用語解説(小絲源太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小絲源太郎
こいとげんたろう

[生]1887.7.13. 東京
[没]1978.2.6. 東京
洋画家。 1911年東京美術学校金工科を卒業後西洋画科に再入学したが,14年病気のため中途退学。在学中すでに 10年の第4回文展に『魚河岸』が初入選し,以後文展,帝展に出品を重ね,31年に光風会会員,62年に退会。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こいと‐げんたろう〔‐ゲンタラウ〕【小絲源太郎】

[1887~1978]洋画家。東京の生まれ。文展帝展日展で活躍。光風会会員。風景画で知られる。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小絲源太郎【こいとげんたろう】

洋画家。旧名小糸。東京生れ。東京美術学校金工科,西洋画科に学ぶ。戦前は自然の細密な客観描写を得意としたが,戦後,独自の自然観照に基づく近代的風景画に転じた。1965年文化勲章

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小絲源太郎
こいとげんたろう
(1887―1978)

洋画家。東京生まれ。本姓は小糸。1911年(明治44)東京美術学校金工科を卒業し、さらに西洋画科に入るが、14年(大正3)中退した。在学中から文展、光風会展に出品を続けたが、のち印象主義から暗い細密描写に移り、30年(昭和5)と翌年の帝展で特選を重ね、審査員となる。光風会会員(1931~63)。画風は明るくなり、戦後は日展に出品を続け、54年(昭和29)『春雪』により日本芸術院賞を受けた。59年日本芸術院会員となり、65年には文化勲章を受けるなど、官展系としてはまれにみる新鮮な情感と彩調の風景画家として知られた。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小絲源太郎の関連キーワード藤田春梢女久保篤見階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没武政太郎Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小絲源太郎の関連情報