コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尸解 しかいShi-jie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尸解
しかい
Shi-jie

中国の神仙思想道教で,人がいったん死んだのちに生返り,他の離れた土地で仙人になることをいう。また,このような仙人を尸解仙という。尸解には,死体を残して霊魂のみが抜け去るものと,死体が生返って棺より抜け出るものとがある。前者の場合も,死体は腐敗せず,あたかも生きているがごとくであるという。葛洪の『抱朴子』では,昇天する天仙名山に遊ぶ地仙よりも,尸解仙が低い地位におかれている。これは不死であるはずの仙人が死の形をとるからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐かい【×尸解】

仙術によって、肉体を残したまま、魂だけ体外へ抜け出ること。
「―の仙人権者の化現のようなる奇瑞(きずい)あるべき筈なし」〈露伴・新浦島〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しかい【尸解 shī jiě】

中国,道教における仙人になる方法の一つ。晋の葛洪(かつこう)の《抱朴子》では,現世の肉体のまま虚空に昇るのを天仙,名山に遊ぶのを地仙,いったん死んだ後,蟬が殻から脱け出すようにして仙人になるのが尸解仙であるとし,尸解仙を下位に置く。だが梁の陶弘景が完成した茅山派道教では,この尸解を登仙の方法として重視し,剣を身体の代りに現世に残して仙人となる剣解法を重んじた。段成式の《酉陽雑俎(ゆうようざつそ)》でも,宝剣を用いた尸解が尊ばれ,唐代における剣解の説の流行を示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しかい【尸解】

道家の術で、仙術を心得た者が肉体を残して、魂魄こんぱくだけ抜け出る術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の尸解の言及

【不老不死】より

…いつまでも若く永遠に生きたいという人間の根源的な願望は,中国では神仙道教の教義に結実した。古代的不老不死の観念を,(1)若さを保ったまま永生を得る,(2)いったん死んでからよみがえる,という二つの型に分けるとすれば,処女のような肌をした藐姑射(はこや)の仙人や白日昇天(ある日突然身体が軽くなって昇仙する)などは前者であり,尸解(しかい)(みせかけの死のあと棺中に剣や杖を残して仙人の仲間入りをする)などは後者に属する。【三浦 国雄】
[東洋医術]
 紀元前の思想家で道教の祖とされている老子は,〈谷神篇〉の中で〈不死の道は玄牝(げんぴん)に在り〉といっている。…

※「尸解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尸解の関連キーワード祉・視・仔・仕・伺・使・侈・刺・史・司・嗜・嗣・嘴・四・址・士・姉・始・姿・子・尸・屍・巳・市・師・幟・弑・弛・志・思・恣・指・摯・支・斯・施・旨・枝・梓・止・此・歯・死・氏・滓・熾・疵・矢・示・祀・祉・祠・私・糸・紙・紫・絲・翅・肆・肢・脂・至・視・詞・試・詩・誌・諡・諮・資・賜・趾・雌・飼・齒金子 光晴不老不死雲笈七籤太一教道家仙術