コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱朴子 ほうぼくしBao-pu-zi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抱朴子
ほうぼくし
Bao-pu-zi

中国,晋の道士葛洪 (かっこう) の号,またその著書名。 106編といわれるが,現存しているのは内編 20編,外編 50編,自叙2編。建武1 (317) 年完成。葛洪は「道教は本,儒教は末」という儒,道二教併用の思想をもち,内編は,仙人の実在,仙薬のつくり方,修道法,道教の教理などを論じ,道教の教義を組織化したものとされ,外編は儒教の立場からの世事,人事に関する評論である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうぼくし〔ハウボクシ〕【抱朴子】

葛洪(かっこう)の号。
道教の教説書。内・外篇8巻72篇。の著書。317年ごろ成立。神仙思想道家の説や修行法を加えてまとめた内篇と、儒家の立場から政治・社会などを述べた外篇から成る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

抱朴子【ほうぼくし】

中国,東晋の葛洪(かっこう)の著。4世紀初頭の成立。内編20巻,外編50巻。内編は神仙,方薬,養生など道教・神仙道の理論と実践の解説,外編は政治・文明論。
→関連項目神仙説

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうぼくし【抱朴子 Bào pǔ zǐ】

中国,東晋の葛洪(かつこう)の著。内篇20巻,外篇50巻。内篇は神仙,方薬,鬼怪,変化,養生,長生,悪魔ばらい,厄よけ等,道教ないし神仙道の理論と実践(道術)を説く。理論面では嵆康(けいこう)からの影響が顕著であり,道術のうちでは左慈(さじ)に由来する錬金・練丹術がもっとも重視されている。外篇は政治・社会・文明の批判の書であって,当時の世相をうかがう好材料。内外篇それぞれ《日本国見在書目録》にも著録されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうぼくし【抱朴子】

○ 中国、晋代の道家、葛洪かつこうの号。
葛洪の著書。八巻。内編二〇、外編五二。317年頃成立。内編は道家思想に基づく不老長生術の理論と実践を主に述べ、外編は儒家思想による国家社会の構成、日常道徳、文明の進歩などを論じる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抱朴子
ほうぼくし

中国、晋(しん)代の道教の士、葛洪(かっこう)(283―343?)の著書。彼の号を書名とした。現行の八巻本には内篇(ないへん)20巻に20章、外篇50巻に52章(第49巻は3章同巻)を載せる。内・外篇の内容を160篇と記すものもあり、梁(りょう)代以来その巻数は「もつれた糸のようである」(『四庫全書(しこぜんしょ)総目提要』)といわれている。内篇は丹砂(たんさ)(水銀と硫黄(いおう)の化合物)や動植物の薬、呼吸法、護符、避邪(ひじゃ)、鬼神の駆使、歴臓法(身中の神々を想念する)、戒律などを示して、仙人となる方法や仙人の種類を記す。道家思想を本(先)とし儒家思想を末(後)とする。外篇は儒家を本として、政治、社会、処世のことを説くほか、文学も論じており、その文体は四六駢儷文(べんれいぶん)発達史上注目されている。巻50の自叙は、葛洪の生涯や本書述作の動機、内容を伝えている。今日『抱朴子』といえば一般に内篇をさす。彼は、後漢末の左慈(さじ)―従祖父(いとこおじ)の葛玄(かつげん)―師の鄭隠(ていいん)へと伝わる道術を正統とし、その口訣(くけつ)(奥義の宗教的口授)を受けたものを明師(めいし)とし、老子や荘子をはじめ他の道流を排斥した。明師を選び修行すれば仙人になれる(神仙可学)と説く点に葛洪の貴族出身の知識人らしさが示されている。一方、星宿(生星と死星)による宿命論を説いて神仙可学説への批判をかわし、各種の養生法や道徳を兼修と称して奨励しており、従来の道術が集大成されている。[宮澤正順]
『大淵忍爾著『道教史の研究』(1964・岡山大学共済会書籍部) ▽窪徳忠著『世界宗教叢書9 道教史』(1977・山川出版社) ▽村上嘉実著『抱朴子』(1967・明徳出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の抱朴子の言及

【尸解】より

…中国,道教における仙人になる方法の一つ。晋の葛洪(かつこう)の《抱朴子》では,現世の肉体のまま虚空に昇るのを天仙,名山に遊ぶのを地仙,いったん死んだ後,蟬が殻から脱け出すようにして仙人になるのが尸解仙であるとし,尸解仙を下位に置く。だが梁の陶弘景が完成した茅山派道教では,この尸解を登仙の方法として重視し,剣を身体の代りに現世に残して仙人となる剣解法を重んじた。…

【仙薬】より

…仙人になるための薬。中国,晋の葛洪の《抱朴子》では,その〈金丹篇〉において,不老長生を得るには金丹を服用することが最も肝要であるとする。金丹の金は火で焼いても土に埋めても不朽である点が重んじられ,丹の最高のものは九転の丹で,焼けば焼くほど,霊妙に変化する点が重んじられた。…

【丹田】より

…中国,道教に説く身体の部位の名。晋の葛洪の《抱朴子》では,両眉の間の3寸入った所を上丹田,心臓の下にあるのを中丹田,臍下(せいか)2寸4分にあるのを下丹田と呼び,この三丹田には,衣服を着,名前を持つ具象的な神である〈一〉が居り,この神を守ること,すなわち守一の道術が説かれる。北宋の中期ごろに起こった紫陽真人張伯端(987‐1082)の金丹道では,とくに臍下丹田が注目され,体内における不死の金丹の結実するところとされた。…

※「抱朴子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抱朴子の関連キーワード網無くて淵をのぞくな太上感応篇魯魚の誤り五岳真形図太上老君庚申信仰玉石混淆吐故納新霊宝経悟真篇神仙伝金丹道錬丹術天喜丹田三尸久寿胎息尸解金丹

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android