尾上多賀之丞(読み)おのえたがのじょう

世界大百科事典 第2版の解説

おのえたがのじょう【尾上多賀之丞】

歌舞伎俳優。3世が最も名高い。(1)初世 元禄期(1688‐1704)の若女方で,この門葉から初世尾上菊五郎が出る。1690年(元禄3)に多賀之丞を名のった。(2)3世(1887‐1978∥明治20‐昭和53) 本名樋口鬼三郎。4世浅尾工左衛門の。1891年四谷桐座で市川鬼三郎を名のり初舞台。1911年2世市川左団次の門弟となり,5世市川鬼丸(きがん)を襲名。21年6世尾上菊五郎に認められて市村座に移り,以後菊五郎の女房役をつとめる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android