尾上松助(読み)オノエマツスケ

世界大百科事典 第2版の解説

おのえまつすけ【尾上松助】

歌舞伎俳優。5世まである。(1)初世 初世尾上松緑の前名。(2)2世 3世尾上菊五郎の前名。(3)3世(1805‐51∥文化2‐嘉永4) 3世菊五郎の長男として江戸に生まれ,1815年(文化12)3世松助を襲名。父に従って修業し,48年(嘉永1)大川三朝と改名したが,3年後大成せずに没した。(4)4世(1843‐1928∥天保14‐昭和3) 大坂生れ。5世菊五郎の弟子。81年4世松助を襲名。渋い味の脇役として名声を上げ,名人といわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おのえまつすけ【尾上松助】

歌舞伎俳優。屋号音羽おとわ屋。
(初世)(1744~1815) 文化年間(1804~1818)頃活躍。大坂の人。1755年江戸に出て初世尾上菊五郎の門に入り、四世鶴屋つるや南北の作品を演じて次々と評判をとり、怪談狂言の祖といわれる。のち松緑と改名。
(四世)(1843~1928) 五世菊五郎の門人。明治から大正にかけて、世話物の名脇役として活躍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾上松助
おのえまつすけ

歌舞伎(かぶき)俳優。6世まで継承。[古井戸秀夫]

初世

(1744―1815)大坂生まれ。江戸に下り初世尾上菊五郎に入門、尾上松助を名のって初舞台を踏む。屋号新音羽屋(しんおとわや)。若女方(わかおんながた)として狂言作者金井三笑(さんしょう)に抜擢(ばってき)されたのち、実悪(じつあく)に転向。「加賀見山」の岩藤(いわふじ)を一代の当り役として今日にまでその型を残した。幼時竹田芝居のからくりの技術を学んだことから、人形を使っての早替りや、鬘(かつら)、化粧、衣装などの細工に、他の役者が追随しえない独自のくふうをし、異能俳優として江戸劇壇に確たる地位を得た。1804年(文化1)に、夏芝居ながら初めて座頭(ざがしら)を勤めた『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)』が大当りをとり、以後晩年は隠居名松緑(しょうろく)を名のり、夏芝居の怪談狂言を家の芸として確立、やがて、この技術が養子3世尾上菊五郎の『四谷怪談』に大成される。2世はその3世菊五郎の前名で、3世は2世の長男が継いだが大成しなかった。[古井戸秀夫]

4世

(1843―1928)本名栗原梅五郎。5世菊五郎の門弟。1881年(明治14)襲名。屋号音羽屋。脇役(わきやく)の名人で、数多い当り役のなかでも『源氏店(げんじだな)』の蝙蝠安(こうもりやす)は、15世市村羽左衛門(うざえもん)の与三郎、6世尾上梅幸(ばいこう)のお富とともに三幅対(さんぷくつい)と称せられた。[古井戸秀夫]

5世

(1887―1937)本名福島幸吉。5世菊五郎門弟。6世菊五郎の脇役として活躍した。[古井戸秀夫]

6世

(1946―2005)本名井上真一。2世松緑の門弟松鶴(しょうかく)が1990年(平成2)に襲名。子役時代はテレビドラマでも活躍した。[古井戸秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の尾上松助の言及

【隅田川花御所染】より

…丸顔の4世の純情な味と違って,面長で受け口の5世の坊主姿には扇情的な倒錯の美学があり,それが頽廃的な幕末の世相に合って大当りをとり,改題改作されながらも今日まで舞台生命を保つことになった。全体の構成,部分部分の趣向などは,数ある清玄桜姫物のうち,1810年(文化7)市村座で上演された尾上松助主演,鶴屋南北作の夏狂言《閨扇墨染桜(ねやのおうぎすみぞめざくら)》をほぼなぞり,弥生狂言にふさわしく《鏡山(かがみやま)》(《加賀見山旧錦絵(かがみやまこきようのにしきえ)》)の狂言が新たにはめ込まれている。松助の演じた清玄を半四郎が演じ,松助の当り役《鏡山》の岩藤を団十郎が受け継ぐ構想で書かれ,そのため松助一流の早替りや蛇の仕掛物が随所に用いられる。…

※「尾上松助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android