コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋外広告 おくがいこうこく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋外広告
おくがいこうこく

屋外に掲出、設置される広告物の総称。すでに古代ギリシア・ローマ時代に家屋の壁の一部を白く塗って公示や広告を描くアルブムがあった。日本では『土佐日記』にみえる「小櫃(こひつ)の絵(え)、曲(まが)りの大鉤像(おほぢのかた)」が文献に現れる最初といわれる。字の読めない人が多かった時代の最大のメディアであった看板の元祖は、古代ローマ時代に酒屋の軒先に掲げた常春藤(きづた)の枝で、日本では「杉の酒林(さかばやし)」がこれに相当する。室町・江戸期以降は招牌(しょうはい)と称する看板およびのれんが登場した。そのほか行灯(あんどん)、障子、旗、幟(のぼり)、蔵印、家印なども広告に利用された。今日では昼間の街頭には広告塔、電柱広告、看板、ポスター、夜間には電飾(イルミネーション)、ネオン、電気看板、電光ニュースがあり、また空に描き出す投光、アドバルーン、飛行船(機)による広告など多彩である。屋外広告の今後は、アメリカのシート・ポスター(何枚かのポスターを貼(は)り合わせて一つのポスターにしたもの)のように、ネットワーク・サインとしてのポスター・ボードやレンタル・ボードがどこまで成長するかにある。
 なお、屋外広告は、美観、安全、交通などに関係するので、他媒体に比べて強い法規である屋外広告物法(昭和24年法律189号)はじめ、建築基準法、道路交通取締法、および自治体の条例などで規制されている。[島守光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おくがいこうこく【屋外広告】

屋外に掲出される広告物の総称。種類としては広告塔,広告看板ネオンサイン,電柱広告,ポスターチンドン屋,空中への投光広告,アドバルーン,飛行船や飛行機による広告などがある。屋外広告は戸外の特定の場所にあって,一定期間継続して刺激を与える広告物であるが,日本古来のものには,チンドン屋のほかに移動する広告としての印半天,風呂敷,唐傘ちょうちんなどがあり,商家の看板,のれん,旗,のぼり,行灯などとともに広く活用されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の屋外広告の言及

【看板】より

…日本では看板,中国では招牌(チヤオパイ)・望子(ワンズ)または幌子(ホワンズ)と呼ばれ,英語ではサインボードsignboard,あるいはサインsign,フランス語ではアンセーニュenseigne,ドイツ語ではツァイヘンZeichenと呼ばれている。看板は広告塔・はり紙などとともに屋外広告物に含まれ,常時または一定の期間継続して屋外で公衆に表示されるものとされている。看板の表示内容の主体となるのは,店名・業種名・商品名であって,これを示すために文字を用いるのが現代では最も多いが,店をあらわすシンボルやマーク,業種をあらわすシンボル(たとえば理髪店の赤白だんだらの棒,酒造店の杉玉),販売する商品をあらわすシンボル(たとえば眼鏡屋の眼鏡の絵や模型)など,文字によらない方法もいろいろ見られる。…

【ポスター】より

…人々の目につきやすい場所に掲示される大型の紙片をいう。屋外広告の一種。フランス語でアフィーシュaffiche,ドイツ語でプラカートPlakat。…

※「屋外広告」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屋外広告の関連キーワード鋼構造物工事(建設業許可の一種)セールス・プロモーション広告パシフィコ横浜の巨大広告メディア・ミックスサーキュレーション京都市の広告物規制大画面ディスプレー広告キャンペーン朝日エティックポジション媒体ラッピング広告政令指定都市キモトサイン屋外広告物法屋外広告の日屋外広告物景観緑三法SP 媒体間接サイン不公正取引

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屋外広告の関連情報