コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋島の戦 やしまのたたかい

百科事典マイペディアの解説

屋島の戦【やしまのたたかい】

1185年2月19日,讃岐(さぬき)の屋島(香川県高松市)で行われた源平合戦。一ノ谷の戦に敗れた後,平宗盛を総大将とする平氏は屋島に拠ったが,背後をついた源義経の奇襲に敗れ瀬戸内海を敗走。
→関連項目平景清

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やしまのたたかい【屋島の戦】

1185年(文治1)2月19日,讃岐国屋島(高松市)で行われた源平の合戦。これより1年前,一ノ谷の戦に敗れはしたものの,平氏は総帥平宗盛が安徳天皇を擁して屋島を本営とし,平知盛が長門彦島に拠って関門海峡を押さえ,なお瀬戸内一帯の制海権を温存した。このため,山陽道を西進した源範頼麾下の追討軍は戦果に乏しく,鎌倉の源頼朝は再度源義経を登用し,屋島を突かせることにした。2月18日未明,風雨に乗じて摂津渡辺を出帆した義経は,同日早朝150余騎とともに阿波勝浦に上陸,昼夜をついで国境の山路を越え,一気に屋島を攻撃した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屋島の戦の関連キーワード壇ノ浦の戦備前房成田代信綱梶原景時鎌田光政金子家忠金子親範熊野参詣護摩壇山後藤基清那須与一佐藤継信後藤実基錏引き平維盛一ノ谷壇ノ浦那須氏平教経平忠房

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屋島の戦の関連情報