コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下新太郎 やました しんたろう

7件 の用語解説(山下新太郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山下新太郎

洋画家。東京生。東美校卒。渡仏し、エコール=デ=ボザールに入学。ルノワールに傾倒し、サロンに入選する。石井柏亭らと二科会を、後には一水会を結成する。レジオン=ドヌール勲章受章。文化功労者。昭和41年(1966)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やました‐しんたろう〔‐シンタラウ〕【山下新太郎】

[1881~1966]洋画家。東京の生まれ。東京美術学校卒。パリでコランらに師事、ルノワールに傾倒し外光派の画風を確立。二科会一水会の創立に参加。代表作に「窓際」「読書」「靴の女」など。昭和30年(1955)文化功労者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山下新太郎【やましたしんたろう】

洋画家。東京生れ。東京美術学校黒田清輝に学び,1904年卒業後渡仏してコラン,コルモンに師事,A.ルノアールの影響を受け,1910年帰国。1914年二科会の創立に参加,1935年帝国美術院会員,1936年一水会を結成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下新太郎 やました-しんたろう

1881-1966 明治-昭和時代の洋画家。
明治14年8月29日生まれ。パリでコラン,コルモンにまなび,ルノアールに傾倒。印象派風作品「読書の後」「靴の女」などを文展に出品,注目をあびた。二科会,のち一水会の創立に参加。昭和30年文化功労者。昭和41年4月10日死去。84歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

やましたしんたろう【山下新太郎】

1881~1966) 洋画家。東京生まれ。東京美術学校卒。二科会・一水会創立に参加。作「読書」「靴の女」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山下新太郎
やましたしんたろう

[生]1881.8.29. 東京
[没]1966.4.11. 東京
洋画家。藤島武二に師事し,1904年東京美術学校西洋画科選科を卒業。 05~10年フランスに留学し,R.コラン,F.コルモンに学ぶとともにルノアールの影響を受け,印象派の画風を積極的に摂取。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山下新太郎
やましたしんたろう
(1881―1966)

洋画家。東京生まれ。1904年(明治37)東京美術学校西洋画科を卒業し、東京外国語学校、暁星校でフランス語を学び、05年パリに渡って初めラファエル・コランに、ついで国立美術学校に入りフェルナン・コルモンの指導を受ける。スペインイタリアに旅行のほか、サロンに出品。ベラスケス、とくにルノアールの強い感化を受け、明治末の日本に本格的な印象主義を反映した。10年帰国し、同年と翌年の文展で連続三等賞を受け、14年(大正3)同志と二科会を創立する。31年(昭和6)から翌年にかけて再渡仏。35年に帝国美術院会員となり、二科会を退会し、翌年同志と一水会を創立。55年(昭和30)文化功労者に選ばれ、61年日展顧問となる。一貫してさわやかな印象派の作風を示した。代表作は『窓際』『読書』『靴の女』『端午(たんご)』。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山下新太郎の言及

【印象主義】より

…この傾向は,黒田の弟子の岡田三郎助,和田英作(1874‐1959),湯浅一郎(1868‐1931),中沢弘光(1874‐1964),藤島武二らに受け継がれ,青木繁も,一時印象派風の海浜風景を描いた。明治末年になると,南薫造(みなみくんぞう)(1883‐1950),有島生馬,山下新太郎(1881‐1966)らの新帰朝者たちによってさらに刺激が与えられ,明るい色彩,大きな筆触を特色とする印象派風の外光表現は,日本洋画の確固とした一つの流れとなった。印象主義の運動および理論については,黒田,久米のほか,森鷗外,島村抱月らによって紹介され,1910年には,高村光太郎の〈緑色の太陽〉が《スバル》誌上に発表されて,日本における印象主義宣言といわれた。…

【明治・大正時代美術】より

…これらは黒田流文展系アカデミズムの平面的な描写=外光主義にあきて,新しい方向を求めていた青年画家たちに強い影響を与えるようになった。このころ斎藤与里(より)(1885‐1959),柳敬助(1881‐1923),津田青楓(1880‐1978),藤島武二,有島生馬,南薫造(くんぞう)(1883‐1950),山下新太郎(1881‐1966),石井柏亭(鶴三の実兄),斎藤豊作(とよさく)(1880‐1951),高村光太郎らが,フランス印象派の手法をたずさえて次々に帰国している。そして1910年高村光太郎が《スバル》に発表した論文《緑色の太陽》は,自然を見る人間の内面的な活動,人格(自我)の表現を主張し,わが国における印象派宣言として青年画家たちを狂喜させた。…

※「山下新太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山下新太郎の関連キーワード川口軌外倉田白羊新井謹也今井憲一大森商二栗原信佐川敏子武内鶴之助福田たね渡部審也

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone