コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下金作(2代) やました きんさく

2件 の用語解説(山下金作(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下金作(2代) やました-きんさく

1733-1799 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)18年生まれ。初代中村富十郎の門人から初代山下金作の養子となり,寛延2年2代を襲名。女方として名をなした。寛政11年9月12日死去。67歳。大坂(一説に摂津兵庫)出身。前名は中村半太夫。俳名は里虹,里好。屋号は天王寺屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山下金作(2代)

没年:寛政11.9.12(1799.10.10)
生年:享保18(1733)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名は里虹,屋号は天王寺屋。初代中村富十郎の門人中村半太夫として活動を始める。寛延2(1749)年に,前年引退していた初代金作の養子となり2代目を襲名する。以後,上方と江戸を往来,地芸,特に濡れ事にすぐれた色っぽい若女形として人気があり,後年は女武道や敵役もよくした。当たり役のひとつに八百屋お七があるが,この役で使った笄をかたどった「金作花笄」が売り出され流行した。まるまると肥った大柄な体格に特徴があった。3代目金作はこの人の養子。4代目は幕末に活躍した。その養子に5代目,6代目がおり,金作の名前は明治10年代まで続いた。いずれも若女形である。

(池山晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山下金作(2代)の関連キーワード嵐音八(3代)小佐川常世(2代)尾上紋太郎仙国彦助(2代)中村助五郎(3代)宮崎十四郎(2代)宮崎十四郎(3代)山下金作(6代)山下万菊(初代)山下万作

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone