コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本 丘人 ヤマモト キュウジン

20世紀日本人名事典の解説

山本 丘人
ヤマモト キュウジン

昭和期の日本画家



生年
明治33(1900)年4月15日

没年
昭和61(1986)年2月10日

出生地
東京市下谷区桜木町(現・東京都台東区)

本名
山本 正義

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科選科〔大正13年〕卒

主な受賞名〔年〕
野間美術奨励賞(第4回)〔昭和19年〕,芸術選奨文部大臣賞〔昭和25年〕「草上の秋」,日本芸術院賞〔昭和39年〕「異郷落日」,文化勲章〔昭和52年〕

経歴
大正13年松岡映丘の「木の華社」に入門し、新興大和絵運動に参加。昭和3年の第9回帝展に「公園の初夏」で初入選、11年「海の微笑」で文展特選、19年には母校助教授に迎えられた。戦後、日展の体質に反旗を翻し、23年松篁らと「創造美術協会」(現在の創画会)を設立。日本画壇革新運動のリーダー、在野派として、一貫した。壮年期画風は、代表作「北涛」(昭和30年)に見られるように、自然の厳しさを素材に骨太な描写。晩年は「狭霧野」(45年)のように、剛直と柔軟が混りあった画風に転じ、古雅な様式を確立した。平成元年静岡県駿東郡小山町に山本丘人記念館・美術館夢呂土(むろど)が開設された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

山本 丘人 (やまもと きゅうじん)

生年月日:1900年4月15日
昭和時代の日本画家
1986年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

山本 丘人の関連キーワード美術館夢呂土・山本丘人記念館福田 豊四郎奥村 厚一小泉 勝爾福田豊四郎新制作協会成川美術館秋野 不矩加山 又造上村 松篁沢 宏靱生年月日川崎小虎東山魁夷上村松篁広田多津吉岡堅二杉山 寧小泉淳作後藤純男

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android