山田風太郎(読み)やまだふうたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山田風太郎
やまだふうたろう

[生]1922.1.4. 兵庫
[没]2001.7.28. 東京
小説家。医者の家に生れ,東京医科大学を卒業したものの,在学中から小説を書きはじめ,1947年,推理小説専門誌『宝石』の第1回懸賞小説に『達磨峠の事件』で入選を果した。以後,個性的な推理小説を次々に発表,49年には『眼中の悪魔』『虚像淫楽』で探偵作家クラブ賞を受賞した。 58年から雑誌『面白倶楽部』に1年間連載した『甲賀忍法帖』がヒットし,以後『くノ一忍法帖』『江戸忍法帖』など一連の忍法小説で一大ブームを巻起した。ほかにも『戦中派不戦日記』 (1971) ,『警視庁草紙』 (75) ,さらに近年では『婆娑羅』 (90) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまだ‐ふうたろう〔‐フウタラウ〕【山田風太郎】

[1922~2001]小説家。兵庫の生まれ。本名、誠也(せいや)。「眼中の悪魔」「太陽黒点」など多くの推理小説を執筆。のち「甲賀忍法帖(こうがにんぽうちょう)」を皮切りに多数の忍法小説を発表し、忍法ブームを起こした。他に「魔界転生」「警視庁草紙」など。平成13年(2001)功績により日本ミステリー文学大賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

山田風太郎【やまだふうたろう】

小説家。本名誠也。兵庫県生れ。東京医大卒。初め推理作家として認められ,《眼中の悪魔》(1948年)などにより,探偵作家クラブ賞受賞。その後,伝奇的時代小説の分野でも活躍。わけても,いわゆる風太郎忍法を創出した《甲賀忍法帖》など一連の作品で,昭和30年代に忍法ブームを起こす。他に明治開化物の《警視庁草紙》《明治波濤歌》などがあり,《戦中派不戦日記》など小説作品以外でも広く注目された。
→関連項目宝石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田風太郎 やまだ-ふうたろう

1922-2001 昭和後期-平成時代の小説家。
大正11年1月4日生まれ。昭和24年「眼中の悪魔」などで日本探偵作家クラブ賞。33-34年の「甲賀忍法帖」を皮切りにおおくの忍法小説をかき,忍法ブームをおこす。ほかに明治開化ものの「警視庁草紙」や「戦中派不戦日記」「人間臨終図巻」など。平成13年7月28日死去79歳。兵庫県出身。東京医大卒。本名は誠也。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまだふうたろう【山田風太郎】

1922~2001) 小説家。本名誠也。兵庫県生まれ。東京医大卒。「甲賀忍法帖」など、奇想天外な伝奇的時代小説でブームを起こし、「警視庁草紙」「幻燈辻馬車」などの明治開化物では近代社会の暗部を描く。著「戦中派不戦日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山田風太郎
やまだふうたろう
(1922―2001)

小説家。本名誠也(せいや)。兵庫県生まれ。東京医科大学在学中に推理小説の処女作『達磨(だるま)峠の殺人』(1947)を発表して作家生活に入る。翌年『眼中の悪魔』と『虚像淫楽(いんらく)』を書いて探偵作家クラブ賞を受賞。特異な作風の推理作家として注目されたが、1958年(昭和33)から時代小説に転じ、とくに『甲賀忍法帖(こうがにんぽうちょう)』を皮切りにおびただしい数の、長短の忍法小説を書き、着想の妙と奇抜なプロットの展開によって伝奇小説の第一人者となる。『魔界転生(てんしょう)』はその代表作(初出の題名は『おぼろ忍法帖』)。74年ごろからは幕末から文明開化期に取材し、『警視庁草紙』や『幻燈辻馬車(げんとうつじばしゃ)』などの作品がある。[厚木 淳]
『『甲賀忍法帖』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田風太郎の関連情報