コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本文弥(2世) おかもとぶんや[にせい]

1件 の用語解説(岡本文弥(2世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本文弥(2世)
おかもとぶんや[にせい]

古浄瑠璃の演奏者。元禄 (1688~1704) 頃在世。前名今文弥。1世岡本文弥が創始した文弥節角太夫節を加味した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岡本文弥(2世)の関連キーワード元禄Jamesメアリー[2世]高橋安之丞幇間桑原仙渓野呂松遣い表具屋節市川団十郎金平糖

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone