コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本文弥[新内節] おかもとぶんや[しんないぶし]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本文弥[新内節]
おかもとぶんや[しんないぶし]

[生]1895.1.1. 東京
[没]1996.10.6. 東京
新内節の太夫・作曲家。本名,井上猛一。幼少より母 (鶴賀若吉,のち富士松加賀八) から新内節を学び,富士松加賀路太夫を名のるが,1923年岡本派を再興し,文弥と改名,4代目家元となる。古浄瑠璃岡本文弥とは無関係。 1930年頃から新作を発表し『西部戦線異状なし』『太陽のない町』などを新内化し,「左翼新内」「プロレタリア新内」と呼ばれ弾圧されたこともあった反戦,反骨の新内語り。一方,古典の保存にも努め,重要無形文化財保持者となったほか,1957年芸術選奨文部大臣賞,1968年紫綬褒章,1971年芸術祭優秀賞,1974年勲四等旭日小綬章などを受けた。著書に『遊里新内考』『芸流し人生流し』『文弥芸談』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岡本文弥[新内節]の関連キーワード深刻小説日清戦争運転注意力モニタ MDAS観念小説文芸倶楽部地球温暖化夫婦別姓救らい事業新聞小説閔妃暗殺事件