コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩のドーム いわのドームQubba al-Sakhra; Dome of the Rock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩のドーム
いわのドーム
Qubba al-Sakhra; Dome of the Rock

アラビア語でクッバ・アッサフラと呼ばれ,エルサレムのアクサー・モスクを含む聖域内に建つ,現存するなかでは最古のイスラム建築。ウマイヤ朝のカリフ,アブドゥル・マリクが 687~691年に建立。サフラ (聖なる岩) をおおう中央ドームの周囲には,八角形回廊が2重にめぐらされ,幾何学的である。サフラはイスラム以前からアブラハムの伝説と結びつき神聖視されており,またムハンマドが昇天し,天界をめぐるために旅立った場所ともいわれる。当時メッカと敵対していたマリクは,巡礼の対象をカーバ神殿からここに変えるとともに,他宗教に対する勝利の記念となることを意図した。内部は基部が大理石張り,上部がモザイク装飾で,木造ドームの外装は鍍金銅板 (現在は金メッキのアルミ板) であり,外壁は 16世紀にモザイクから彩釉タイル装飾に改装されている。ビザンチン建築を受継ぎつつ,それを凌駕しようとしたウマイヤ朝建築の代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわのドーム【岩のドーム Qubba al‐Ṣakhra[アラビア]】

エルサレムのかつてユダヤ教やキリスト教の聖域でもあった所に建てられた特異な宗教建築。685∥686または687∥688年から691∥692年にウマイヤ朝カリフ,アブド・アルマリクの命により建立。八角形プランの聖殿内部では,中央に置かれた巨石の周囲を歩廊が二重に取り巻いている。外壁のタイル,ドームなどは,オスマン帝国時代に補修されたもの。中央の聖石から預言者ムハンマドが天界をめぐるミーラージュ(昇天)に旅立ったという伝説がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の岩のドームの言及

【エルサレム】より

…19世紀半ばまでは全市民が城壁の内側で生活していたが,その北西部分がキリスト教徒地区,南西部分がアルメニア人地区,中央部の南がユダヤ教徒地区,北東部から中央部にかけてがイスラム教徒(ムスリム)地区と分かれていた。大きく南東隅に広い平たんなスペースをとって,イスラム教徒がハラム・アッシャリーフal‐Ḥaram al‐Sharīf(高貴なる聖所)と呼ぶ区域があり,ここに金色に輝く岩のドームアクサー・モスクとがある。この区域はもとソロモンの建立した第一神殿,またバビロン捕囚後に再建された第二神殿があった場所で,モリヤMoriahの丘とも呼ばれた。…

※「岩のドーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩のドームの関連キーワードエルサレムの旧市街とその城壁群エルサレム(パレスチナ)アブド・アルマリクアルアクサモスクウマイヤ朝美術エルサレム神殿イスラム美術嘆きの壁事件東エルサレムアフリカ吉備高原神殿の丘円山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩のドームの関連情報