コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩村城 いわむらじょう

1件 の用語解説(岩村城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

いわむらじょう【岩村城】

岐阜県恵那市にあった中世の山城(やまじろ)。岐阜県指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。恵那市南部の岩村地区にある城山の山頂に築かれていた城で、江戸時代には岩村藩の藩庁が置かれた城である。江戸時代、岩村城の本丸が日本の城の中で最も高い標高717mにあったことから、高取城(奈良県高市郡高取町)、備中松山城(岡山県高梁(たかはし)市)とともに日本三大山城の一つに数えられるようになった。築城年代・築城者は明らかにはなっていないが、1185年(文治1)に源頼朝の家臣加藤景廉が遠山荘の地頭となり、岩村に移り住んだ景廉の長男景朝が岩村城を築き、遠山氏(岩村遠山氏)を称したといわれている。以後、岩村城は戦国時代に至るまで遠山氏の居城となった。戦国時代末期、城主の遠山景任は織田信長に従い、1570年(元亀1)、武田信玄に攻められたが、信長の支援のもと城を守り抜いた。しかし、その後間もなく景任は病没し、嫡子が幼少のため、その夫人(織田信長の叔母)が城主をつとめた。1573年(天正1)、信玄の部将の秋山信友が景任夫人を妻とすることにより岩村城を奪取し入城したが、1575年(天正3)に信長の嫡男信忠を大将とする織田軍に敗れ、開城して陥落した。その際、織田氏は信友夫妻の助命を約束したが、それを翻して長良川の河川敷で夫妻を磔刑に処したといわれている。その後、岩村城主(城代)は川尻秀隆、森氏3代(森蘭丸・長一・忠政)、田丸具忠とめまぐるしく変わった。森長一・忠政の城主時代に、大規模な城の改修・整備が行われ、中世の城郭から近世の城郭に変わったといわれている。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いで、城主の田丸氏は西軍(豊臣方)に属したことから、戦後、大給松平氏の松平家乗が初代岩村藩主として入城した。家乗は山上にあった城主の居館を城山の北西山麓に移し、城下町を整備した。1645年(正保2)、松平氏の転封に伴い、丹羽氏信が入城し、丹羽氏が5代35年間にわたり居城とした。丹羽氏が御家騒動により越後国(新潟県)高柳藩に転封となった後は、再び大給松平氏が入城し、7代170年間にわたって城主をつとめ、明治維新を迎えた。1873年(明治6)、廃城令により、城は解体された。城山麓の藩主邸は解体を免れたが、1881年(明治14)に全焼した。現在、本丸、東曲輪(くるわ)、二の丸、三の丸、出丸の遺構のほか、櫓(やぐら)の礎石や石垣が現存している。1972年(昭和47)、旧藩主邸の跡地に岩村町歴史資料館(現岩村歴史資料館)が開館した。1990年(平成2)には表御門・平重門・太鼓櫓と藩主邸の一部、江戸時代の藩校の建物と門が再建された。明知鉄道明知線(JR中央本線恵那駅から乗り換え)岩村駅から城山麓の岩村歴史資料館まで徒歩約20分、本丸跡まではさらに徒歩約20分。◇霧ヶ城ともよばれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩村城の関連キーワード恵那市平山城亀山城恵那恵那峡ハーフマラソンおばあちゃん市・山岡上矢作ラ・フォーレ福寿の里そばの郷らっせぃみさと日本大正村土岐川・庄内川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩村城の関連情報