コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田 正吾 シマダ ショウゴ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

島田 正吾
シマダ ショウゴ


職業
俳優

本名
服部 喜久太郎(ハットリ キクタロウ)

生年月日
明治38年 12月13日

出生地
神奈川県 横浜市保土ケ谷

学歴
明星商〔大正12年〕卒

経歴
横浜に生まれるが、父の仕事の都合で関西に移る。大正12年17歳の時に大阪の明星商を卒業して上京、沢田正二郎主宰の新国劇に入り、入座2日目に「井伊大老の死」の駕籠かき役で初舞台を踏む。13年青年部、昭和2年には幹部に進み、4年沢田が急逝すると若干22歳ながら辰巳柳太郎と共に後継者に抜擢される。以来、“辰巳の剛”と“島田の柔”、“天才肌の辰巳”“学究肌の島田”と比較され異なる個性を持つ終生のライバルとなった辰巳とともに二枚看板として活躍。入念な役作りで神経の行き届いた内省的な演技と、重厚で品格のある舞台姿が持ち味で、「人生劇場」「修善寺物語」「殺陣師段平」「沓掛時次郎」「王将」などの作品を次々と上演、中でも長谷川伸作品の股旅物、「関の弥太っぺ」の弥太郎、「瞼の母」の番場忠太郎、「一本刀土俵入」の駒形茂兵衛などを生涯の当たり役とし、劇団の第2次黄金時代を築いた。戦後は北条秀司「霧の音」、竹山道雄「ビルマの竪琴」などの文芸作品や「松川事件」といった社会的な作品も手がけ、それまでの義理人情の芝居と迫力の殺陣を売り物とした男性路線の新国劇に新生面を開く傍ら、劇団の十八番作品の映画化にも出演。この間、29年に劇団が一度倒産、その後再建したが苦しい経営が続き、62年創立70周年を機に解散した。その後は脚本・演出すべてを手がけるひとり芝居をライフワークとし、平成3年新国劇の十八番であった「白野弁十郎」(シラノ・ド・ベルジュラックの翻案)を公演。4年同作のパリ公演を行い、フランス政府から芸術文化勲章シュバリエ章を受章。以後毎年5月に新橋演舞場で「瞼の母」「王将」などの十八番作品を演じ、最後の舞台となった14年96歳の「夜もすがら検校」まで12年間12作品を上演、最晩年まで“たったひとりの新国劇”の灯を護り続けた。14年8月脳こうそくで倒れた後も“白寿(99歳)でのひとり芝居”を目標に療養に努めたが、16年98歳で亡くなった。映画には昭和26年山田五十鈴と共演した「夏祭三度笠」で初主演。他に「武蔵と小次郎」「鞍馬天狗・青面夜叉」「叛乱」「消えた中隊」「大利根の夜霧」「六人の暗殺者」「日本のいちばん長い日」「八甲田山」「日本の黒幕」、テレビ「勝海舟」「あにき」「十時半睡事件帖」「ひらり」などに出演、7年には歌舞伎に初挑戦し、「建礼門院」の後白河法皇を演じた。自伝に「ふり蛙」がある。

受賞
芸術選奨文部大臣賞〔昭和49年〕 紫綬褒章〔昭和44年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和51年〕,フランス芸術文化勲章シュバリエ章〔平成4年〕 毎日演劇賞〔昭和33年〕,長谷川伸賞(第17回)〔昭和57年〕,松尾芸能賞(演劇特別賞 第4回)〔昭和58年〕,菊田一夫演劇賞(第9回)〔昭和59年〕,菊池寛賞(第40回)〔平成4年〕,NHK放送文化賞(第46回 平6年度)〔平成7年〕,坪内逍遙大賞(第2回)〔平成7年〕,東京都文化賞〔平成10年〕,真山青果賞(大賞 第18回)〔平成10年〕,松尾芸能賞特別顕彰(第20回)〔平成11年〕,大山康晴賞(個人部門 第6回)〔平成11年〕「王将」,浅草芸能大賞(第17回 平12年度)〔平成13年〕,東京都名誉都民〔平成13年〕

没年月日
平成16年 11月26日 (2004年)

伝記
芝居の神様―島田正吾・新国劇一代再会の手帖―また逢いたい男たち男たちの詩新国劇元気のでてくることばたち!一流の極意―斉藤栄三郎『TV訪問』対談集冬の薔薇ふり蛙―新国劇70年あれこれ 吉川 潮 著関 容子 著牛尾 治朗 著真鍋 秀夫 著村上 信夫 著斉藤 栄三郎 編秋山 ちえ子 著島田 正吾 著(発行元 新潮社幻戯書房致知出版社元就出版社近代文芸社双葉社三月書房朝日新聞社 ’07’07’06’05’99’94’94’88発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

島田 正吾 (しまだ しょうご)

生年月日:1905年12月13日
昭和時代;平成時代の俳優
2004年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

島田 正吾の関連キーワード竹沢 弥七(10代目)鞍馬天狗 青面夜叉久松 喜世子辰巳 柳太郎伊吹 聡太朗沢田 正二郎花柳 章太郎秋月 正夫井上 正夫久松喜世子郡 司良香川桂子生年月日緒形 拳秋月正夫若林豪中井哲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android