コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上三太郎 かわかみさんたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川上三太郎
かわかみさんたろう

[生]1891.1.3. 東京
[没]1968.12.26. 東京
川柳作家。本名,幾次郎。大倉商業学校卒業。井上剣花坊に師事し,詩としての川柳の発展に貢献した。句集『孤独地蔵』 (1963) ,『川柳二〇〇年』 (66) などの著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

川上三太郎【かわかみさんたろう】

川柳作家。東京生れ。井上剣花坊の門下。1929年《国民新聞》の川柳選者となり,川柳研究社を主宰して江戸川柳に新風を吹き込んだ。以後も新聞・雑誌の選者として活躍,後進の育成に努めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上三太郎 かわかみ-さんたろう

1891-1968 大正-昭和時代の川柳作家。
明治24年1月3日生まれ。井上剣花坊に師事する。昭和9年雑誌「川柳研究」を発刊。詩性川柳を追求する一方で伝統川柳も発表。また新聞,雑誌,ラジオなどで川柳の普及につとめた。昭和43年12月26日死去。77歳。東京出身。大倉商業(現東京経済大)卒。本名は幾次郎。別号に蒼蒼亭,S・S・T。句集に「孤独地蔵」「風」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かわかみさんたろう【川上三太郎】

1891‐1968(明治24‐昭和43)
川柳作者。東京生れ。本名幾次郎。1910年大倉商業卒業後,商事会社に入り天津に勤務。13年帰国と同時に川柳活動に入り井上剣花坊の柳樽寺川柳会に加入。当時まだ新風の少ない川柳に嫌気がさしたが,吉川英治(柳名,雉子郎)に〈あの壁を僕らで破るのだ〉といわれ,川柳に一生を賭ける決意をする。29年《国民新聞》の選者となり国民川柳会を結成,34年に現在の川柳研究社と改名,以後詩性派と伝統派の接点として後進の育成に努める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川上三太郎
かわかみさんたろう
(1891―1968)

川柳(せんりゅう)作家。前名幾次郎。別号蒼蒼亭(そうそうてい)、S・S・T。東京・日本橋に生まれる。大倉商業学校卒業。井上剣花坊(いのうえけんかぼう)に師事。雑誌『川柳研究』を発行。純詩性川柳、連作川柳など純文学的な川柳を発表する一方で、新聞による時事川柳、家庭雑誌による家庭川柳、ラジオ放送による川柳選評、漫画やコントによる川柳鑑賞など、大衆的な川柳を広めることにも努め、多くの後進を育てた。句集『孤独地蔵』(1963)など。紫綬(しじゅ)褒章受章。[岩田秀行]
 旧友の顔の中なる幼な顔
『渡邊蓮夫編『川柳全集5 川上三太郎』(1980・構造社出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

川上三太郎の関連キーワード川上 三太郎川柳(短詩)昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android