川上不白(1)(読み)かわかみ ふはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上不白(1) かわかみ-ふはく

1719-1807 江戸時代中期-後期の茶人。
享保(きょうほう)4年3月3日生まれ。表千家7代千宗左にまなび,宗左の七事式の制定にくわわった。寛延3年江戸にいき,大名,武士,町人などに千家の茶を普及させ,江戸千家流の祖となる。俳諧(はいかい)にもすぐれた。文化4年10月4日死去。89歳。紀伊(きい)新宮(和歌山県)出身。名は尭達,新柳別号宗雪,孤峰,黙雷庵。著作に「不白筆記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android