コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川平湾(読み)カビラワン

世界大百科事典 第2版の解説

かびらわん【川平湾】

沖縄県石垣島の北西岸にある湾。長さ約2km,幅約1km。古くは沖縄島(本島)へ向かう船の風待ち港としても利用された。清澄な海にはサンゴ礁がよく発達し,ここを訪れる観光客も多い。1951年から世界でも珍しい黒真珠の養殖が開始された。湾に隣接する川平村落は歴史も古く,旧暦9月に行われる来訪神マユンガナシの祭祀は,よく知られている。また,マラリアで廃絶した集落の多い石垣島では,その禍いより生き延びてきた数少ない集落の一つでもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川平湾
かびらわん

沖縄県八重山(やえやま)列島の石垣島西部にある小湾。川平地区に接し、裾礁(きょしょう)からなるサンゴ礁(しょう)や小島に取り巻かれ、沖縄のなかでもっとも美しい入り江の一つとして名高い。湾の南岸には川平公園が設置され、八重山観光のメッカとなっている。黒真珠の養殖が行われてきたが、1980年(昭和55)水質汚染のため、一時西表(いりおもて)島へ移され、のちに再開された。[目崎茂和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川平湾の関連情報