コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨釜・半造 おがま・はんぞう

2件 の用語解説(巨釜・半造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨釜・半造
おがま・はんぞう

宮城県北東端,気仙沼市唐桑半島東岸にある名勝。ペルム紀から白亜紀の硬い石灰岩頁岩岩石海岸で,高い海食崖海食洞などをなす。折石,貞任岩などの岩礁を中心にした巨釜と,その南の海食洞の半造とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巨釜・半造
おおがまはんぞう

宮城県北東部、唐桑(からくわ)半島東岸にある奇勝。三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の一部。気仙沼(けせんぬま)市唐桑町に属す。ペルム紀(二畳紀)から白亜紀にかけての硬い頁(けつ)岩、石灰岩が波食を受け、男性的な海岸美をつくっている。巨釜の中心は大理石の石柱である折石(おれいし)(16メートル)や八幡(はちまん)岩で、その南に海食洞を中心とする半造がある。巨釜と半造の間は自然遊歩道で結ばれる。[青柳光太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巨釜・半造の関連キーワード唐桑半島宮城県気仙沼市唐桑町浦宮城県気仙沼市唐桑町小田宮城県気仙沼市唐桑町境宮城県気仙沼市唐桑町崎浜宮城県気仙沼市唐桑町舘宮城県気仙沼市唐桑町中宮城県気仙沼市唐桑町馬場宮城県気仙沼市唐桑町港宮城県気仙沼市唐桑町小長根

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone