コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルム紀 ペルムき Permian Period

5件 の用語解説(ペルム紀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルム紀
ペルムき
Permian Period

地質時代の年代区分の一つで,古生代の最後の。二畳紀ともいう。模式地ウラル山脈の西麓ペルム付近。約 2億9900万年前から約 2億5100万年前までの期間にあたる。古生代後期,デボン紀から始まったバリスカン造山運動の最終変動期にあたり,全般的に陸化が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペルム‐き【ペルム紀】

二畳紀(にじょうき)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペルム紀【ペルムき】

古生代を6分した場合の最後の地質時代名。2億9000万年前から2億4500万年前まで。名はウラル山地西麓の地名(ペルム)に由来。ドイツのこの紀の地層が2層からなるので二畳紀と呼ばれたこともある。
→関連項目ウミリンゴエダフォサウルスグロッソプテリス古生代コルダイテス獣弓類セイモウリア石炭ディメトロドンテコドントフズリナペルミメソサウルス鱗木蘆木

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ペルムき【ペルム紀】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルム紀
ぺるむき
Permian period

古生代の最後の地質時代で、二畳紀ともいう。古生代石炭紀と中生代三畳紀との間の約2億9890万年前から約2億5217万年前までの約4673万年の期間に相当する。ペルム紀に形成された地層をペルム系という。ペルム紀の名称は、石炭紀の夾炭(きょうたん)層の上に、化石を多産するかつての呼称二畳紀の海成層が模式的に発達する、ウラル山脈の西麓(せいろく)ペルムPerm(ペルミPerm')にちなんでイギリスの地質学者マーチソンが1841年に命名した。国際的にはペルム紀が紀の正統名として使用されているが、日本・中国では慣用的に二畳紀を使用する場合もある。二畳紀の名称は、ドイツのダイアスDyas(二つの層という意味)の訳語に由来する。ドイツをはじめとして西ヨーロッパでは、同時代の地層は、新赤色砂岩層を含む下部層と、石灰岩、白雲岩、岩塩、石膏(せっこう)層を主体とした上部層より成り立っている。二畳紀の名はこれより生じた。
 石炭紀末に超大陸パンゲアが形成された結果、シベリア大陸とヨーロッパ大陸の間にあったウラルの海域、南半球のゴンドワナ大陸と北半球のヨーロッパ・北アメリカ大陸の間の海域が陸化し、超大陸の内部に広い砂漠が発達するようになり、また、ゴンドワナ大陸では極を中心に大規模な大陸氷河が発達した。その結果、大陸では乾燥化と寒冷化が進行し、植物では、石炭紀に栄えた鱗木(りんぼく)や封印木などのシダ植物は姿を消し、かわりに乾燥に耐えられる裸子植物が著しい発展を始める。脊椎(せきつい)動物では、単弓(たんきゅう)類の哺乳(ほにゅう)類型爬虫(はちゅう)類が発展を遂げた。このグループの盤竜類は乾燥した一連の環境に進出し、大型化し、なかには植物食に進化したグループもいた。盤竜類の子孫である獣弓類は本紀後期に放散し、分布範囲をより寒冷な高緯度まで拡大した。爬虫類では、この紀に放散が生じ中生代での発展へと引き継がれる。海域では、大規模な氷河の発達による海水準の低下によって、大陸棚の浅海部が失われ、三葉虫、四放サンゴ類、腕足類など古生代を代表する海生無脊椎動物は、急速に衰退し、当紀末までには、当紀に低緯度のテチス海域で栄え、重要な示準化石(標準化石)となった紡錘虫類や一部のアンモナイト、ほかの多くの無脊椎動物とともに絶滅していった。
 ペルム紀末は生物界の歴史において最大の大量絶滅事件が起こり、生物にとっての一大危機となった時期である。海生種では、科の約50%が、種では約95%が絶滅した。また陸生動物でも、哺乳類型爬虫類など爬虫類のおもだった系統は三畳紀まで生き延びたが、属や種のレベルではほとんどが絶滅した。本紀に起こった生物の大量絶滅の原因についてはいくつもの仮説が提出されているが、超大陸パンゲアが大きくかかわっていたことは間違いない。考えられる要因として、極域の大規模な大陸氷河、気候の冷温化、大陸内部の乾燥化、乾燥化に伴う大陸の湾入部での大規模な岩塩層の堆積(たいせき)によって海水塩分濃度が低下したこと、大規模な氷河形成によって海水準が低下し大陸棚浅海部が消失し浅海生物の生息地が消失したこと、海水温低下による溶存酸素量の低下、本紀末に起こった激しい火山活動による急激な温暖化による陸域の環境劣化と海水循環の停止による海洋底の貧酸素化などが考えられ、実際にはこれらの要素が複雑にからみ生態系が崩壊し生物種の絶滅が進行していったものと考えられる。
 ペルム紀の地層は世界各地に広く分布する。南半球のゴンドワナ大陸では、厚い陸成層の発達が知られる。テチス海域では、厚い石灰岩の堆積が行われた。日本には海成のペルム系がよく発達しており、テチス海域のものと共通する多くの無脊椎動物化石を産する。[小澤智生]
『ドゥーガル・ディクソン著、小畠郁生監訳『生命と地球の進化アトラス デボン紀から白亜紀』(2003・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペルム紀の言及

【二畳紀】より

…ペルム紀ともいい,地質時代区分の一つ。古生代最後の紀で,両生類時代ともされ,今から2億8600万年前から2億4800万年前までの期間をさす。…

※「ペルム紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペルム紀の関連キーワード暁新世原生代古生代始生代新生代相対年代二畳紀新古生代地質年代顕生代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペルム紀の関連情報