真っ向(読み)マッコウ

デジタル大辞泉の解説

まっ‐こう〔‐カウ〕【真っ向】

《「まっかく(抹額)」の音変化で「真っ向」は当て字か》
ま正面。「真っ向から打ちかかる」
額のまん中。「刀を真っ向に振りかざす」
(「真っ甲」とも書く)兜(かぶと)の鉢の正面。
「甲(かぶと)の―打ち割られ」〈平家・一一〉

めっ‐こう〔‐カウ〕【真っ向】

まっこう」の音変化。
「―打ち割る、頭を砕く」〈浄・国性爺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真っ向の関連情報