真っ向(読み)マッコウ

デジタル大辞泉の解説

まっ‐こう〔‐カウ〕【真っ向】

《「まっかく(抹額)」の音変化で「真っ向」は当て字か》
ま正面。「真っ向から打ちかかる」
額のまん中。「刀を真っ向に振りかざす」
(「真っ甲」とも書く)兜(かぶと)の鉢の正面。
「甲(かぶと)の―打ち割られ」〈平家・一一〉

めっ‐こう〔‐カウ〕【真っ向】

まっこう」の音変化。
「―打ち割る、頭を砕く」〈浄・国性爺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真っ向の関連情報