コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真っ向 マッコウ

デジタル大辞泉の解説

まっ‐こう〔‐カウ〕【真っ向】

《「まっかく(抹額)」の音変化で「真っ向」は当て字か》
ま正面。「真っ向から打ちかかる」
額のまん中。「刀を真っ向に振りかざす」
(「真っ甲」とも書く)兜(かぶと)の鉢の正面。
「甲(かぶと)の―打ち割られ」〈平家・一一〉

めっ‐こう〔‐カウ〕【真っ向】

まっこう」の音変化。
「―打ち割る、頭を砕く」〈浄・国性爺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

真っ向の関連キーワードレイトン(Irving Layton)シン(Manmohan Singh)ホークス(John Hawkes)クラーク(T. J. Clark)新衛生センター・ミックス事業施設ニュー・アート・ヒストリーエオドワード・R. マローパックマンディフェンスフリードリヒ・ニーチェ富山県立近代美術館問題3年B組金八先生幹竹割り・幹竹割東京佐川急便事件日馬富士公平投資保護条約ドン・フライソロウーヒンレウキッポスキム ジフン無限脱税事件

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真っ向の関連情報