コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川団蔵(7世) いちかわだんぞう[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川団蔵(7世)
いちかわだんぞう[ななせい]

[生]天保7(1836)
[没]1911
歌舞伎俳優。屋号三河屋。6世市川団蔵の養子。技芸的には9世市川団十郎と並ぶ名優であったが,中央劇壇にいれられず不遇な生涯をおくった。実事敵役が得意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の市川団蔵(7世)の言及

【時桔梗出世請状】より

…南北作品としては一方に片寄ってしまったといえる。明治期,9世市川団十郎は陽性で逞しい反逆児の型を,7世市川団蔵は陰性で執念の反逆児の型を残した。【広末 保】。…

※「市川団蔵(7世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

市川団蔵(7世)の関連キーワード養子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android