市川寿海(3世)(読み)いちかわじゅかい[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川寿海(3世)
いちかわじゅかい[さんせい]

[生]1886.7.12. 東京
[没]1971.4.3.
歌舞伎俳優。本名太田照造。日本橋の職人の4男として生れ,5世市川寿美蔵の養子となる。 1907年6世寿美蔵を襲名。早くから2世市川左団次のもとにあって二枚目,女方で活躍,自由劇場旗揚げに参加し,常に演劇改新運動や新歌舞伎上演に協力した。第2次世界大戦後は関西に移住,49年,3世市川寿海を襲名し芸名とした (1世,2世は7世および9世市川団十郎の俳名) 。関西劇壇の指導的立場にあり,晩年にいたるまで若々しい風姿とせりふ回しを失わず,戦後歌舞伎の逸材とされた。 60年重要無形文化財保持者に認定。 63年文化功労者。日本芸術院会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android