コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川寿海 いちかわじゅかい

4件 の用語解説(市川寿海の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いちかわじゅかい【市川寿海】

(三世)(1886~1971) 歌舞伎俳優。屋号成田屋。自由劇場、東宝劇団などにも参加。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

市川寿海【いちかわじゅかい】

歌舞伎俳優。初世・2世は7世・9世の市川團十郎の俳名。屋号成田屋。3世〔1886-1971〕は5世市川寿美蔵(すみぞう)の養子で,6世寿美蔵から1949年襲名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわじゅかい【市川寿海】

歌舞伎俳優。初世,2世は,それぞれ7世,9世市川団十郎の俳名。3世(1886‐1971∥明治19‐昭和46)は1894年(明治27)市川高丸の名で初舞台1905年3月6世市川寿美蔵襲名。以後2世左団次一座に入り活躍。49年大阪歌舞伎座で寿海襲名。晩年は古典にも秀でたが自由劇場旗揚げにも参加,演劇革新に携わった。当り役は《頼朝の死》の頼家,《元禄忠臣蔵》の綱豊,《鳥辺山心中》《桐一葉》など。清新な芸風で特に口跡に秀でた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川寿海
いちかわじゅかい
(1886―1971)

歌舞伎(かぶき)俳優。本名太田照三。屋号成田屋。東京・日本橋の仕立職の四男として生まれる。5世市川小団次(こだんじ)に入門し歌舞伎俳優となる。5世市川寿美蔵(すみぞう)の養子となり、養父の没後6世寿美蔵を継ぐ。2世市川左団次一座の二枚目として活躍。一時東宝劇団に参加。第二次世界大戦後関西に移り、1949年(昭和24)に7世および9世団十郎の俳名であった寿海を芸名とし、3世市川寿海を名のった。3世坂東寿三郎(ばんどうじゅさぶろう)とともに「双寿時代」を築き関西劇壇の重鎮となる。口跡のよさとさっそうとした風姿の持ち主で、本領は真山青果(まやませいか)や岡本綺堂(きどう)の新歌舞伎にあったが、15世市村羽左衛門(うざえもん)系統の捌(さば)き役や二枚目立役にも長じていた。59年に芸術院会員、翌年重要無形文化財保持者に認定された。[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市川寿海の関連キーワード嵐三右衛門市川団十郎市川団蔵歌舞伎子歌舞伎役者中村歌右衛門名題下成田屋市川段四郎市川海老蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市川寿海の関連情報