コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川寿海 いちかわじゅかい

大辞林 第三版の解説

いちかわじゅかい【市川寿海】

(三世)(1886~1971) 歌舞伎俳優。屋号成田屋。自由劇場、東宝劇団などにも参加。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

市川寿海【いちかわじゅかい】

歌舞伎俳優。初世・2世は7世・9世の市川團十郎俳名。屋号成田屋。3世〔1886-1971〕は5世市川寿美蔵(すみぞう)の養子で,6世寿美蔵から1949年襲名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわじゅかい【市川寿海】

歌舞伎俳優。初世,2世は,それぞれ7世,9世市川団十郎の俳名。3世(1886‐1971∥明治19‐昭和46)は1894年(明治27)市川高丸の名で初舞台。1905年3月6世市川寿美蔵襲名。以後2世左団次一座に入り活躍。49年大阪歌舞伎座で寿海襲名。晩年は古典にも秀でたが自由劇場旗揚げにも参加,演劇革新に携わった。当り役は《頼朝の死》の頼家,《元禄忠臣蔵》の綱豊,《鳥辺山心中》《桐一葉》など。清新な芸風で特に口跡に秀でた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川寿海
いちかわじゅかい
(1886―1971)

歌舞伎(かぶき)俳優。本名太田照三。屋号成田屋。東京・日本橋の仕立職の四男として生まれる。5世市川小団次(こだんじ)に入門し歌舞伎俳優となる。5世市川寿美蔵(すみぞう)の養子となり、養父の没後6世寿美蔵を継ぐ。2世市川左団次一座の二枚目として活躍。一時東宝劇団に参加。第二次世界大戦後関西に移り、1949年(昭和24)に7世および9世団十郎の俳名であった寿海を芸名とし、3世市川寿海を名のった。3世坂東寿三郎(ばんどうじゅさぶろう)とともに「双寿時代」を築き関西劇壇の重鎮となる。口跡のよさとさっそうとした風姿の持ち主で、本領は真山青果(まやませいか)や岡本綺堂(きどう)の新歌舞伎にあったが、15世市村羽左衛門(うざえもん)系統の捌(さば)き役や二枚目立役にも長じていた。59年に芸術院会員、翌年重要無形文化財保持者に認定された。[古井戸秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

市川寿海の関連キーワード坂東 寿三郎(3代目)[各個指定]芸能部門岩井半四郎(10代)市川 雷蔵(8代目)市川 寿海(3代目)市川寿美蔵(6代)阪東寿三郎(3代)市川雷蔵(8代)市川寿海(3世)片岡 松之丞7月12日番町皿屋敷東宝劇団市川雷蔵中座三世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市川寿海の関連情報