コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝人[株] ていじん

世界大百科事典 第2版の解説

ていじん【帝人[株]】

大手化学繊維メーカー。日本最初の人造繊維製造会社で,現在もポリエステル繊維のトップメーカー。繊維以外のフィルム,医薬品等の事業を新たな柱として伸ばしつつある。本社大阪市中央区。 鈴木商店の番頭の金子直吉(1866‐1944)は人絹工業の創設を計画し,1915年米沢市に鈴木商店翼下の東レザー(株)の分工場,米沢人造絹糸製造所を発足させた。これが帝人の始まりである。翌16年には日本最初の人絹を生産し,18年には帝国人造絹糸(株)として分離,設立された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の帝人[株]の言及

【化学繊維】より

…一方,東京帝大工科大学応用化学科を卒業後鈴木商店系の東レザーの技師長としてレザーの研究・改良に従事していた久村清太は,やがてビスコースの将来に注目し,学友で米沢高等工業学校講師の秦逸三と協力してビスコース応用品として有望なレーヨン糸の研究を始め,1915年には鈴木商店の番頭金子直吉の援助を得て,東レザー分工場米沢人造絹糸製造所を設立した。この製造所は折からの第1次大戦による輸入の途絶に助けられて生産を伸ばし,18年には資本金100万円(25万円払込み)の帝国人造絹糸(現,帝人)に発展した。この間,西田嘉兵衛はレーヨン糸の用途を組紐から織物用へと拡大することを企図しつつ,米沢で製造されたレーヨン糸の販売を一手に引き受け,その糸質改良のよき助言者となったのである。…

【繊維工業】より

…日本におけるレーヨン糸製造は1916年,米沢の鈴木商店系の東レザー(翌年,東工業と改称)の分工場,米沢人造絹糸製造所において始まった。18年同製造所は帝国人造絹糸(現,帝人)として独立した。この時期にレーヨン糸分野への新規参入が続いたが,新規参入企業の多くは第1次大戦後の不況によって消滅した。…

※「帝人[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

帝人[株]の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android