コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平衡定数(生物学) equilibrium constant

法則の辞典の解説

平衡定数【equilibrium constant】

アロメトリー,すなわち相対成長に基づく非比例的成長関係を表す分野で,生体部分(器官)の大きさを yx を他の部分(全体の大きさ,あるいは問題の器官以外の全部,ときには長さと重さを表すこともある)としたとき,ybxa の形で表されることをハクスレイ(J. S. Huxley)やテシエ(G. Tessier)が提唱した.ここで ab は定数で,b は初成長指数,a平衡定数と呼ばれる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

平衡定数(生物学)の関連キーワードファントホッフの法則(平衡定数の温度変化)ネルンストの近似式(平衡定数)ファントホッフの定容式ファントホッフの定圧式ファントホッフの等温式過ヨウ素酸(過沃素酸)トランスアミナーゼファントホッフの式サハの電離平衡式平衡定数(化学)質量作用の法則ハメットの通則イオン(原子)熱力学第三法則ハメットの式アロメトリー酸塩基平衡ハメット則アンモニア酸解離定数

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android