コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年分度者 ねんぶんどしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年分度者
ねんぶんどしゃ

平安時代初期の頃から仏教の出家修行者の数を年ごとに限定する制度が行われ,1年間に出家することを認められた人のことをいう。その人々の選定には試験が行われ,厳格な修行と学習とが課せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねんぶん‐どしゃ【年分度者】

平安時代、毎年、一定数を限って出家を許された者。初期には、試験に及第した者を各宗に割り当て、教義を学ばせた。年分学生。年分者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんぶんどしゃ【年分度者】

平安時代、仏教各宗で毎年一定の人数を限り許された得度とくど者。試験によって選び、所定の教義を修学させた。年分学生がくしよう。年分。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年分度者
ねんぶんどしゃ

鎮護国家の目的で出家を官許された僧尼の一類。毎年正月御斎会(ごさいえ)にあたり宮中で得度(とくど)式を行った。696年(持統天皇2)12月、宮中金光明会(こんこうみょうえ)に備え毎年末浄行(じょうぎょう)者10人の得度を定めたのに始まり、本来新年の攘災(じょうさい)招福のためであったらしい。798年(延暦17)年分度者のきびしい資格、試験を定めた。806年(大同1)には天台宗2人を含め南都諸宗に配分し計12人で、835年(承和2)に真言宗3人を許した。その後も若干の増員があり、また特定の寺に割り当てることもした。[菅原昭英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の年分度者の言及

【得度】より

…得度者は略して度者(どしや),度人ともいわれ,官許によるものと,ひそかに出家する私度僧に分けられる。官許の得度には,官大寺などに年間数人ずつ得度させる年分度者(ねんぶんどしや)の制度のほかに,天変地異や天皇貴族の病気全快や追善のために臨時に数人,あるいは多数の男女を得度させる場合があった。仏教の隆昌と徴税の厳しさにたえかねて私度僧が群出したため,僧尼の質の向上を計って734年(天平6)11月,804年(延暦23)5月,806年(大同1)1月に厳しい条件が付せられた。…

※「年分度者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報