コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年預 ネンニョ

大辞林 第三版の解説

ねんよ【年預】

〔一年交代で事務を預かり行なったところから〕
平安時代以降、上皇・親王・上級貴族・大寺社などで、別当・執事のもとで実務一般を担当する中級職員・僧官。ねんにょ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の年預の言及

【預】より

…預は一般に別当の下に位置付けられ,実務担当の責任者としてその機関の運営に参与する場合が多いが,末端組織の責任者として単独で置かれることもある。また,平安中期以降,年預という職があらわれる。その性格は預に類似したものと思われるが,これは諸院・諸家・寺社のほかに正規の令制官職にも置かれ,実務担当者として重要な役割を果たした。…

【翁猿楽】より

…猿楽の芸の主体が歌舞劇としての能に移り,翁猿楽の地位が低下した南北朝時代後半には,5人登場する形から露払・翁・三番猿楽の順に3人が舞う(別に面箱持ちが出る)形になっているし,観阿弥が今熊野猿楽で《翁》を舞い,専門役者以外の者の《翁》上演の道を開くなどこの時期には翁猿楽もかなりの変化をとげたようだが,それらを踏まえて上演された世阿弥時代の演出形態が今日のそれとほぼ通ずるものになっているようである。なお,薪猿楽などでは《翁》を専門役者以外の者が演ずることはなく,後々まで長(およびその後身の年預(ねんよ)衆)が演じていた。翁猿楽の特殊性を示していたといえよう。…

【供御人】より

…この給免田を中心に彼らの開発した田畑は,御厨(みくりや),御野(みの),御薗(みその)といわれたが,供御人たち自身はそこを根拠に,津,泊,関などでの交通税免除の特権を得て諸国を自由に遍歴して交易を行い,その上分(じようぶん)や製品を年貢,公事(くじ)として官司に貢納した(その種類については表参照)。各官司は年預(ねんよ)を通じて供御人を支配し,供御人集団は番に編成されて番頭がおかれている場合もあるが,全体の統轄者は惣官・沙汰者といわれた。灯炉供御人の年預が蔵人所小舎人(こどねり)だったように,年預は下級官人が世襲し,惣官は下級の官位を持つ武士的な人々が多いが,精進御薗供御人の惣官は下級の女官,女孺(によじゆ)であり,ときに女性がなる場合もありえた。…

※「年預」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年預の関連キーワードムハージルーン小野山供御人イスラム帝国安倍久頼藤原俊盛殿下渡領岡部南岳四条隆衡四条隆親中井竹山藤原光親藤原宗行迫 静二中原政経カーバ判官代別納所摂関家院の庁宮家

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android