コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸手[市] さって

2件 の用語解説(幸手[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

幸手[市]【さって】

埼玉県東部の市。1986年市制。庄内吉川,古利根川などの沖積低地にある。中心市街は日光街道と日光御成(おなり)街道の合する宿場町として発達。東武日光線,圏央道が通じ,機械,プラスチック,出版・印刷などの工業が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さって【幸手[市]】

埼玉県東部の市。1986年市制。人口5万8172(1995)。利根川中流の沖積低地を占め,東を江戸川,西を古利根川が流れ,北は利根川旧河道の権現堂川を隔てて茨城県に接する。中心集落の幸手は江戸時代日光街道日光御成道の合流する宿場町として栄え,2・7の六斎市が立った。耕地の大半は水田で,江戸時代に新田開発が行われ県下有数の穀倉地帯となった。旧神扇沼(かみおうぎぬま)では1960年代末に土地改良事業が行われるまで掘上げ田が見られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

幸手[市]の関連キーワード鳩ヶ谷戸田吉川上尾桶川春日部幸手草加蓮田羽生

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone