正福寺(読み)しょうふくじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「正福寺」の解説

正福寺
しょうふくじ

東京都東村山(ひがしむらやま)市野口(のぐち)町にある臨済(りんざい)宗建長寺派に属する禅寺。山号は金剛山(こんごうさん)。開山は文永(ぶんえい)年間(1264~75)没の心月禅師(しんげつぜんじ)、開基は北条時頼(ときより)。本堂には本尊の聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)像が安置されている。境内にある地蔵堂(国宝)は、禅宗様建築の代表とされている鎌倉円覚寺(えんがくじ)の舎利殿(室町時代)とよく似た建築であり、千体地蔵が安置されている。

[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「正福寺」の解説

正福寺
しょうふくじ

東京都東村山市にある開山無象静照,弘安1 (1278) 年の創立と伝えられる。地蔵堂 (仏殿) は応永 14 (1407) 年の造立で,鎌倉円覚寺舎利殿とよく似ており,中級禅宗仏殿の代表例。建立年代の明らかな点が特に貴重であり,国宝

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス「正福寺」の解説

正福寺

茨城県笠間市にある寺院。普門宗(真言宗系単立)。山号は佐白(さしろ)山。7世紀半ば、粒浦氏によりこの地に千手観音像が安置されたことが寺建立の起源と伝わる。通称「佐白観音」。

正福寺

三重県鳥羽市、青峯山山頂に位置する寺院。高野山真言宗。行基による開山と伝わる。本尊は十一面観音菩薩。航行安全の守り神として漁業・船舶関係者の信仰厚い

正福寺

東京都東村山市にある寺院。臨済宗建長寺派。山号は金剛山。文永年間の開山。1407年に建立された地蔵堂は国宝に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の正福寺の言及

【東村山[市]】より

…西武池袋線・新宿線・多摩湖線,JR武蔵野線が通じる。臨済宗徳蔵寺には新田義貞の鎌倉攻めの際の供養碑〈元弘の板碑〉(重文)が残り,また臨済宗正福寺には1407年(応永14)建立の唐様建築地蔵堂(国宝)がある。市域西端には多摩湖がある。…

※「正福寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android