コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広沢池 ひろさわのいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広沢池
ひろさわのいけ

京都市右京区嵯峨にある。周囲約 1km。宇多天皇の孫寛朝永祚1 (989) 年遍照寺を建てたときに造った池と伝えられる。南岸の堤にはサクラ並木があり,観月の名所としても有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひろさわ‐の‐いけ〔ひろさは‐〕【広沢池】

京都市右京区嵯峨広沢にある池。古来、観月・観桜の名所。平安中期、宇多天皇の孫、寛朝(かんちょう)僧正がつくったという。周囲約1キロ。[歌枕
「秋の月の影やいづくととひゆけばこたへて澄める―」〈拾玉集・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひろさわのいけ【広沢池】

歌枕。京都市右京区嵯峨広沢町にある池。〈ひろさわの僧正〉といわれた寛朝が,989年(永祚1)に池の北西(現在は池の南)に遍照寺を建てたときに開削したというが,実際はそれより早く用水池として開かれたとの考えもある。月の名所として当時から有名。藤原良経の《秋篠月清集》に〈広沢の池におほくの年ふりてなほ月のこる暁の空〉の歌がある。嵯峨野の中央に位置し,嵯峨離宮(現,大覚寺)に近い景勝地である。【奥村 恒哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひろさわのいけ【広沢池】

京都市右京区嵯峨広沢にある池。周囲約1キロメートル。平安中期寛朝僧正が作ったという。観月・観桜の名所。⦅歌枕⦆ 「更級も明石もここにさそひきて月の光は-/拾玉集 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広沢池
ひろさわのいけ

京都市西部、右京区の嵯峨野(さがの)にある溜池(ためいけ)。周囲約1キロメートル。付近の水田を灌漑(かんがい)する。989年(永祚1)に宇多(うだ)天皇の孫の寛朝(かんちょう)僧正が遍照(へんじょう)寺を創建したとき開削したといわれ、平安時代には月見堂、釣堂などが設けられた。桜並木の長堤が開け、春の桜、秋の観月で知られ、歌枕(うたまくら)として多くの歌に詠まれた。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

広沢池の関連キーワード京都府京都市右京区嵯峨大沢町京都府京都市右京区望月長孝望月長好織田武雄大沢池広沢流更級

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広沢池の関連情報